平成26年8月31日 八朔祭・鉄扇音頭踊り奉納

午後8時より、八朔祭(お千度)ならびに鉄扇音頭踊りの奉納が執り行われました。
鉄扇音頭とは、京都洛北地域一帯に残る江戸中期が起源の、歴史のある盆踊りです。
現在、一乗寺の鉄扇音頭踊りは、京都市無形文化財に指定され、一乗寺郷土芸能保存会の皆さんにより、保存・継承活動が行われています。

hassaku_h260831_01.jpg hassaku_h260831_02.jpg
御本殿での祭事が執り行われ、御本殿の周りを参列者が三周歩く「お千度」も併せて行われます。

hassaku_h260831_03.jpg hassaku_h260831_04.jpg
参集殿での直会に続き、午後9時前頃から、鉄扇音頭並びに踊りのご奉納が、櫓(やぐら)の建てられた境内で行われます。
良いお天気で、それ程暑くもなく、過ごしやすい中で、古くからこの一乗寺の地で継承されている独自の盆踊りが披露されます。

hassaku_h260831_05.jpg hassaku_h260831_06.jpg
一乗寺鉄扇は楽器を用いず、音頭取りのゆっくりとした唄に合わせ、踊り子がゆったりとしたテンポで踊ります。踊りの終盤では、ご見学に来られていた一般の方々も踊りの輪に加わり、愉しい夜となりました。


平成23年8月31日 八朔祭・鉄扇音頭奉納

午後8時より、八朔祭(お千度)ならびに鉄扇音頭の奉納が執り行われました。

鉄扇音頭とは、京都洛北地域一帯に残る江戸中期が起源の、歴史のある盆踊りです。
現在、一乗寺の鉄扇音頭は、京都市無形文化財に指定され、一乗寺郷土芸能保存会の皆さんにより、保存・継承活動が行われています。


hassakusai_h23_08_31_01.jpg hassakusai_h23_08_31_02.jpg
八朔祭とは、二百十日の前日、八月の朔日(旧暦の八月一日)に、五穀豊穣と天災除けを祈願し行われてきた祭事です。各地区の氏子会役員、宮座の座員、一乗寺郷土芸能保存会の皆さん、また一乗寺地域と同じように鉄扇音頭の継承保存活動を行われている福井県熊川宿に皆さんに参列いただき、御本殿内での神事に続き、参列者全員が御本殿の周りを三周する「お千度」が執り行われます。


hassakusai_h23_08_31_05.jpg hassakusai_h23_08_31_03.jpg
祭事の後、参列者は一旦参集殿にあがり、直会を行い、ひと時喉をうるわします。そして、午後9時前より、音頭取りの男性の皆さんが櫓(やぐら)に上がり、女性の踊り子の皆さんがそのまわりを囲み、鉄扇音頭の奉納が執り行われます。


hassakusai_h23_08_31_04.jpg hassakusai_h23_08_31_06.jpg
一乗寺鉄扇は楽器を用いず、音頭取りのゆっくりとした唄に合わせ、踊り子がゆったりとしたテンポで踊ります。
まだまだ蒸し暑さの残る夏の終わりの境内にて、伝統の踊りと唄が華やかに奉納されました。

平成22年8月31日 八朔祭・鉄扇音頭奉納

午後8時より、八朔祭(お千度)ならびに鉄扇音頭の奉納が執り行われました。

鉄扇音頭とは、京都洛北地域一帯に残る江戸中期が起源と思われる盆踊りの一つです。
現在、一乗寺の鉄扇音頭は、京都市無形文化財に指定され、一乗寺郷土芸能保存会の皆さんにより、保存・継承活動が行われています。


hassaku_h22_08_31_01.jpg hassaku_h22_08_31_02.jpg
八朔祭とは、二百十日の前日、八月の朔日(旧暦の八月一日)に、五穀豊穣と天災除けを祈願し行われてきた祭事です。
各地区の氏子会役員と、宮座の座員、一乗寺郷土芸能保存会の皆さんに参列いただき、御本殿内での神事が執り行われ、その後に、参列者全員が御本殿の周りを三周する、「お千度」参りの儀が執り行われます。


hassaku_h22_08_31_03.jpg hassaku_h22_08_31_04.jpg

御本殿での祭事に続き、直会が行われ、その後鉄扇音頭の奉納が行われます。神社境内に設営された櫓(やぐら)に音頭取りが上がり、そのゆっくりとした唄に合わせ、踊り子がゆったりとしたテンポで踊ります。


hassaku_h22_08_31_05.jpg hassaku_h22_08_31_06.jpg
八月末とは思えない大変蒸し暑い、猛暑の夜でしたが、一乗寺の多くの方々にお集まりいただき、本年度の八朔祭ならびに鉄扇音頭の奉納がめでたく納められました。また、この鉄扇音頭が古くに伝播し、それを継承し活動を行っておられる福井県の熊川宿地区の方々に、今年も遠路はるばるお越し頂き、祭事へのご参列、鉄扇音頭奉納のご鑑賞をして頂きました。

平成21年8月31日 八朔祭・鉄扇音頭奉納

午後8時より、八朔祭(お千度)ならびに鉄扇音頭の奉納が執り行われました。

鉄扇音頭とは、江戸中期頃から行われてきた京都洛北地域一帯に残る盆踊りの一つです。
現在、一乗寺の鉄扇音頭は、京都市無形文化財に指定され、一乗寺郷土芸能保存会の皆さんにより、保存・継承活動が行われています。



hassakusai_h21_08_31_01.jpg hassakusai_h21_08_31_02.jpg
八朔祭とは、二百十日の前日、八月の朔日(旧暦の八月一日)に、五穀豊穣と天災除けを祈願し行われてきた祭事です。各地区の氏子会役員、宮座の座員、一乗寺郷土芸能保存会の皆さんに参列いただき、御本殿内での神事に続き、参列者全員が御本殿の周りを三周する「お千度」が執り行われます。


hassakusai_h21_08_31_03.jpg hassakusai_h21_08_31_04.jpg
祭事の後、参列者は一旦参集殿にあがり、直会を行い、ひと時喉をうるわします。そして、音頭取りの皆さんが櫓(やぐら)に上がり、踊り子の皆さんがそのまわりを囲み、鉄扇音頭の奉納が執り行われます。


hassakusai_h21_08_31_05.jpg hassakusai_h21_08_31_06.jpg
一乗寺鉄扇は楽器を用いず、音頭取りのゆっくりとした唄に合わせ、踊り子がゆったりとしたテンポで踊ります。今年は「吾妻みやげ」が唄われました。
涼しく過ごし易くなってきたなってきた夏の終わりの境内にて、伝統の踊りと唄が華やかに奉納されました。

平成20年8月31日 八朔祭(お千度)・鉄扇音頭奉納

本日午後8時より、八朔祭(お千度)ならびに鉄扇音頭の奉納が執り行われました。

鉄扇音頭とは、京都洛北地域一帯に残る江戸中期が起源と思われる盆踊りの一つです。
現在、一乗寺の鉄扇音頭は、京都市無形文化財に指定され、一乗寺郷土芸能保存会の皆さんにより、保存・継承活動が行われています。



hassaku_h20_8_31_01.jpg hassaku_h20_8_31_02.jpg
神社境内に櫓(やぐら)が建てられ、提灯の灯りもつき、お祭りの準備が整っています。


hassaku_h20_8_31_03.jpg hassaku_h20_8_31_04.jpg
はじめに御本殿にて、八朔祭の神事が執り行われます。祭典には、各地区の氏子役員、宮座の座員のほかに、鉄扇音頭を奉納頂く一乗寺郷土芸能保存会の皆さんが参列されます。


hassaku_h20_8_31_05.jpg hassaku_h20_8_31_06.jpg
御本殿での神事に続き、御本殿の周りを三周するお千度参りが行われます。
そのあと、参列者は一旦参集殿にあがり、直会を行い、ひと時喉をうるわします。


hassaku_h20_8_31_08.jpg hassaku_h20_8_31_07.jpg
直会が終わると、音頭取りの皆さんが櫓に上がり、鉄扇音頭の奉納がはじまります。踊り子の皆さんは、櫓を中央にして輪をえがくように周りながら踊ります。
一乗寺鉄扇は、楽器を用いず、音頭取りのゆっくりとした唄に合わせ、踊り子がゆったりとしたテンポで踊る事が特徴です。


hassaku_h20_8_31_10.jpg hassaku_h20_8_31_09.jpg
前日まで連日雨が降り、開催が心配された今年の八朔祭ですが、当日はお天気に恵まれ、鉄扇音頭の奉納が無事行われました。
また、今年は家族連れ方々など、たくさんの皆さんにお越し頂き、地域に継承される伝統の踊りを見て頂く事ができました。

平成19年8月31日 八朔祭・鉄扇音頭奉納

午後8時より、八朔祭(お千度)並びに鉄扇音頭の奉納が執り行われました。


hassaku_190831_01.jpg  hassaku_190831_02.jpg
八朔祭とは、二百十日の前日、八月の朔日(旧暦の八月一日)に、五穀豊穣と天災除けを祈願し行われてきた祭事です。各地区の氏子会役員、宮座の座員のほかに、鉄扇音頭を奉納頂く一乗寺郷土芸能保存会の皆さんが参列されます。


hassaku_190831_03.jpg  hassaku_190831_04.jpg
御本殿内での神事に続き、参列者全員が御本殿の周りを三周する「お千度」が執り行われます。


hassaku_190831_05.jpg  hassaku_190831_06.jpg
提灯が灯り、少し過ごし易くなって来た夏の終わりの夜を照らします。
参列者は神事の後、いったん参集殿に上がり、直会(なおらい)を行い、ひととき喉をうるわします。


hassaku_190831_07.jpg  hassaku_190831_08.jpg
直会が終わると、音頭取りの皆さんがやぐらに上がり、鉄扇音頭がはじまります。踊り子の皆さんは、やぐらを中央にして輪をえがくように周りながら踊ります。
一乗寺鉄扇は、楽器を用いず、音頭取りのゆっくりとした唄に合わせ、踊り子がゆったりとしたテンポで踊る事が特徴です。


hassaku_190831_09.jpg  hassaku_190831_10.jpg
今年は、音頭取りの皆さんにより「吾妻みやげ」が唄われました。
鉄扇音頭は、昭和62年より京都市民俗無形文化財の指定を受けており、一乗寺郷土芸能保存会の皆さんにより、保存・継承活動が行われています。

平成18年8月31日 八朔祭(お千度)・鉄扇音頭

本日午後8時より、八朔祭(お千度)ならびに鉄扇音頭奉納が行われました。
八朔祭とは、二百十日の前日、八月の朔日(旧暦の八月一日)に、五穀豊穣と天災除けを祈願し行われてきた祭事です。

鉄扇音頭とは、一乗寺に古くから伝承される踊りで、四百年ほど昔、この地に住んでいた僧侶「鉄扇」がつたえた事がその名の由来とされています。
現在、鉄扇音頭は、京都市無形民俗文化財の指定を受けており、一乗寺郷土芸能保存会の皆さんにより、保存・継承活動が行われています。


hassakusai_060831_01.jpg
御本殿に季節の野菜や御神酒がお供えされました。




hassakusai_060831_02.jpg本日、福井県の熊川宿の皆さんがいらっしゃいました。
熊川には古くより鉄扇音頭が伝わり踊られていましたが、大正時代に一時途絶え、現在八十年振りに復活し活動をされています。

熊川宿について詳しくは→さんさく鯖街道 in WAKASA
写真は、奉納頂いた若狭のお酒です。

hassakusai_060831_03.jpg神事に続き、御本殿の周りを三周するお千度が行われます。
写真は踊り手の皆さんがお千度をされている様子です。



hassakusai_060831_04.jpg八朔祭ならびに鉄扇音頭奉納の様子を映像に残す為、京都市左京区の依頼で、KBS京都(京都放送)の制作スタッフにより撮影が行われました。テレビでの放送予定もあるとの事ですので、詳細が分かりましたらこのブログでお知らせいたします。

hassakusai_060831_05.jpg
やぐらに提灯も付けられ、鉄扇音頭の準備も出来ました。




hassakusai_060831_06.jpgやぐらを中央にして踊り手の皆さんが輪をえがくように並びます。
着物に赤たすき、扇をデザインしたうちわを身につけた、お揃いのスタイルです。



hassakusai_060831_07.jpg
やぐらに唄い手の皆さんが上がり、ゆっくりとした節回しで唄われます。




hassakusai_060831_08.jpg
唄い手にあわせ、踊り手もゆっくりとしたテンポで踊られます。




hassakusai_060831_09.jpg
お子さんも見に来てくれました。未来の踊り手・唄い手候補です。




hassakusai_060831_10.jpg
夕方から大粒の雨が降り、今日は中止かと思われましたが、お祭りから鉄扇音頭の間は、ほぼ雨も止み、滞りなく華やかに斎行されました。



平成15年8月31日 八朔祭(お千度)・鉄扇音頭

2003八朔01
本殿にて、八朔祭の神事が行われます。宮座・氏子の方々や音頭取・踊りこなど鉄扇音頭を奉納する方々も、ともに御祓を受けます。



2003八朔02
本殿での神事が終わると、「お千度」が行われます。行灯を持った宮座を先頭に、神事の参列者が本殿の周囲を三周します。




2003八朔03
鉄扇音頭を奉納する踊りこの方たちも「お千度」で本殿周囲を周ります。




2003八朔04
本殿に戻り、参拝をします。鉄扇音頭の踊りこの方々は、扇をデザインしたゆかたや帯、うちわを身につけた衣装です。




2003八朔05
いったん参集所に上がり、直会【なおらい】をします。この2003年の残暑はたいへん厳しく蒸し暑い夜でした。のどをうるおしてひとときの涼をとります。



2003八朔06
直会が終わると、やぐらに歌い手が上がっていきます。大きなやぐらではありませんが、中に10人近くもの人数が載っています。




2003八朔07
やがて、鉄扇音頭が始まります。やぐらを中央にして踊り子が輪をえがくように周りながら踊ります。




2003八朔08
やぐら部分。提灯には「一乗寺 鉄扇音頭」の文字と扇の図柄が描かれています。音頭取の方たちも扇の文様の入った帯やゆかたを身につけています。



2003八朔09
踊りは1時間ほど続きます。昔は村の農民の楽しみとして、無礼講で朝まで踊り続けたという話も伝わっています。





八朔祭(お千度)・鉄扇音頭 八月三十一日

「八朔」とは八月の朔日=一日(ついたち)のことで、陰暦の八月一日すなわち現在の九月一日前後に行われる祭を「八朔祭」と呼んでいます。
この時期は穀物の収穫期にあたるため、氏神に五穀の豊饒や家内安全などを祈願したことが八朔祭の由来です。八大神社では、八朔祭は夜の八時ごろから始められます。本殿での神事の後にお千度が行われ、参集所にて直会をした後、神社境内で一乗寺に伝承される鉄扇音頭が奉納されます。

「お千度」
本来は神社本殿に「千度」(千回)のお詣りをするお千度参りでしたが、現在は簡略化されて三周を千周と見立てています。五穀豊穣や家内安全を祈願して、行灯を持った宮座、参列者、鉄扇音頭の踊りこ・音頭取(おんどとり:歌を歌う人)が本殿の周囲を三周します。

「鉄扇音頭」
一乗寺に伝承される踊りで、昭和の初めにいったん途絶えたこともありましたが、現在は保存会も結成され復興、継承されています。やぐらが組まれますが、太鼓などの楽器はありません。素朴で民衆的な歌に合わせてやぐらの周りを踊りながら回ります。節はゆったりとしたもので、踊りは「盆踊り」に似ています。

鉄扇吾妻みやげ鉄扇音頭の歌詞「吾妻みやげ」の一部。歌い手は口承によりずっと歌い継いでいます。