平成28年4月3日 神弓祭

今年の4月第一日曜日である4月3日の午後2時より神弓祭(しんきゅうさい)が執り行われました。

shinkyusai_h280403_01.jpg shinkyusai_h280403_02.jpg
弓執神事を行うべく境内に莚(むしろ)が敷かれ、的(まと)や鏑矢(かぶらや)が宮座の上座座員により準備されました。

shinkyusai_h280403_03.jpg shinkyusai_h280403_04.jpg
はじめに御本殿に宮座座員と各地区の総代が参列し祭典が執り行われます。宮座の上座座員は素襖(すおう)、下座座員は裃(かみしも)を着装し神事に臨みます。
祭典の最後に本年弓執りを行う者に宮司より神前から下げた神矢が手渡されます。

shinkyusai_h280403_05.jpg shinkyusai_h280403_06.jpg
石段の下に場所を移し、コの字型に座した参列者に御神酒と膾(なます)が配されます。

shinkyusai_h280403_07.jpg shinkyusai_h280403_08.jpg
弓を射る昨年上座に上がった座員と今年上座に上がる座員が、手を清めそれぞれ拝礼を行い、弓執り神事が始まります。

shinkyusai_h280403_09.jpg shinkyusai_h280403_10.jpg
3月から先輩の指導を受け繰り返し稽古が行われ来た古式作法に則り、二人が同調した動作を進め、弓執り神事を行います。

shinkyusai_h280403_11.jpg shinkyusai_h280403_12.jpg
古来より弓矢は神聖で霊的威力を持つものとして信じられ、その力で邪気を祓ったり、農作物の収穫の吉凶を占う事を目的に、弓矢を射る神事が行われてきました。
矢は、各人二本ずつ、三度にわたり放たれます。厳かな空気のなか儀式は進み、矢が放たれる瞬間には、張り詰めた緊張感が広がります。

shinkyusai_h280403_13.jpg shinkyusai_h280403_14.jpg
矢がすべて放たれた後、二本の矢を手に持った状態で、砂山の横に置かれた鏑矢(かぶらや)を取る、古式作法に沿った動作が行われ、弓執りの神事が無事納められました。

shinkyusai_h280403_15.jpg shinkyusai_h280403_16.jpg
最後に宮座の最高責任者である督殿(こどの)の交代の儀式である、御神扉の「鍵渡し」が執り行われます。
現督殿が神前から御神扉の鍵を運び新督殿に渡し、新督殿はそれを扇子で受けて、再び神前に運び督殿の交代となります。
心配された雨も皆の想いで降らず、全ての神事が滞りなく目出度く納められました。

平成27年4月6日 神弓祭

本年の4月第一日曜日である4月6日の午後2時より神弓祭(しんきゅうさい)が執り行われました。

shinkyuusai_h270406_01.jpg shinkyuusai_h270406_02.jpg
はじめに、御本殿にて祭典が執り行われます。氏子総代と宮座座員が参列し、本年度に弓執りの神事を行う座員二名が、正面の前列に着座します。ご神前には、御神扉の鍵、射られる矢が奉献されます。

shinkyuusai_h270406_03.jpg shinkyuusai_h270406_04.jpg
今年は雨天の弓執り神事となりましたが、宮座座員により雨除けのシートが設営され、無事神事を斎行することができました。御神酒と膾(なます)が参列者に順番に配され、続いて弓を射る昨年上座に上がった座員と今年上座に上がった座員が拝礼を行います。

shinkyuusai_h270406_05.jpg shinkyuusai_h270406_06.jpg
2人が古式作法に則り、同調した動作を進め、弓執り神事が執り行われます。3月から先輩の指導を受け、繰り返し練習をされてきた成果が、本番で見事に発揮されました。

shinkyuusai_h270406_07.jpg shinkyuusai_h270406_08.jpg
矢は、各人二本ずつ、三度にわたり放たれます。厳かな空気のなか儀式は進み、矢が放たれる瞬間には、張り詰めた緊張感が広がります。そして、参列者や見学者の視線を集める中、何本もの矢が、見事に的を射抜きました。

shinkyuusai_h270406_09.jpg shinkyuusai_h270406_10.jpg 
矢がすべて放たれた後、二本の矢を手に持った状態で、砂山の横に置かれた鏑矢(かぶらや)を取る、古式作法に沿った動作が最後に行われ、弓執りの神事が見事に納められました。
古来より弓矢は神聖で霊的威力を持つものとして信じられ、その力で邪気を祓ったり、農作物の収穫の吉凶を占う事を目的に、弓矢を射る神事が古来から行われてきたと考えられます。

shinkyuusai_h270406_11.jpg shinkyuusai_h270406_12.jpg
弓執りの神事がお納めされた後、宮座の最高責任者である督殿(こどの)の交代の儀式である、御神扉の「鍵渡し」が執り行われます。現督殿が神前から御神扉の鍵を運び新督殿に渡し、新督殿はそれを扇子で受けて、再び神前に運び、めでたく督殿の交代となりました。

平成23年4月3日 神弓祭

shinkyusai_h23_04_03_01.jpg shinkyusai_h23_04_03_02.jpg
当神社の神弓祭は、一般に歩射祭【ふしゃさい】とも言われる神事であり、古来より伝わる弓矢の神聖で霊的威力により、邪気を祓い、また農作物の吉凶を占う目的で、弓矢を射る神事が行われておりります。
境内に的が準備され、御本殿での祭事に続き、境内にて弓執神事が行われます。


shinkyusai_h23_04_03_03.jpg shinkyusai_h23_04_03_04.jpg
はじめに、境内にコの字型に座した参列者に、御神酒と膾(なます)が、宮座座員によって配されます。
それに続き、宮座の今年から上座になる人と昨年上座になった人の二名により、弓執神事が行われます。


shinkyusai_h23_04_03_05.jpg shinkyusai_h23_04_03_06.jpg
矢は、各人二本ずつ、三度にわたり放たれます。
厳かな空気のなか、二名が古式作法に則り、同調した動作を進めます。
3月から先輩の指導を受け、繰り返し練習をされてきた成果が、本番で見事に発揮されました。


shinkyusai_h23_04_03_07.jpg shinkyusai_h23_04_03_08.jpg
矢がすべて放たれた後、二本の矢を手に持った状態で、砂山の横に置かれた鏑矢(かぶらや)を取る、古式作法に沿った動作が最後に行われ、弓執りの神事が無事納められました。
それに続き、宮座の最高責任者である督殿(こどの)の交代の儀式である、御神扉の「鍵渡し」が執り行われ、本年度の神弓祭がめでたく納められました。


平成22年4月4日 神弓祭

午後二時より、神弓祭(しんきゅうさい:古式弓執神事)が執り行われました。
一般には歩射祭【ふしゃさい】とも言われ、神前で弓を引き的を射る神事で、全国各地の神社で行われているものです。
古来より弓矢は神聖で霊的威力を持つものとして信じられ、その力で邪気を祓ったり、農作物の収穫の吉凶を占う事を目的に、弓矢を射る神事が行われてきました。



shinkyusai_h22_04_04_01.jpg shinkyusai_h22_04_04_02.jpg
はじめに、御本殿にて祭典が執り行われます。氏子総代と宮座座員が参列し、本年度に弓執りの神事を行う座員二名が、正面の前列に着座します。ご神前には、御神扉の鍵、射られる矢、御神酒、膾(なます)が、お供えされます。


shinkyusai_h22_04_04_03.jpg shinkyusai_h22_04_04_04.jpg
御本殿での祭典に続き、境内広場にコの字型に参列者が着座し、古式弓執神事が執り行われます。はじめに、御神酒と膾が順番に配され、続いて弓執りを行う座員二名が、拝礼を行います。今年は、雲一つない大変良いお天気のもと、神事が行われました。


shinkyusai_h22_04_04_05.jpg shinkyusai_h22_04_04_06.jpg
弓執りの儀式を行う人は毎年一名ずつ変わり、三十二名で構成される八大神社宮座の、上座十六名うち、今年上座になる方(上から16番目)と、昨年上座になった方(上から15番目)によって行われます。この神事には、宮座座員の通過儀礼としての役割もあります。


shinkyusai_h22_04_04_07.jpg shinkyusai_h22_04_04_08.jpg
古式作法に則って、二人が呼吸を合わせ、歩を進め、弓を動かし構え、矢を放ち、矢を放った後それぞれが一旦下がり、その後また同調して進み、砂山の細木を取り、かざして的を睨む。
3月下旬から先輩から指導を受け、連日にわたり熱心に練習されてきた一連の動作が、見事に執り行われていきました。


shinkyusai_h22_04_04_09.jpg shinkyusai_h22_04_04_10.jpg
矢は、各人二本ずつ、三度にわたり放たれます。厳かな空気のなか儀式は進み、矢が放たれる瞬間には、張り詰めた緊張感が広がります。そして、参列者や見学者の視線を集める中、何本もの矢が、見事に的を射抜きました。


shinkyusai_h22_04_04_11.jpg shinkyusai_h22_04_04_12.jpg
矢がすべて放たれた後、二本の矢を手に持った状態で、砂山の横に置かれた鏑矢(かぶらや)を取る、古式作法に沿った動作が最後に行われ、弓執りの神事が見事に納められました。



shinkyusai_h22_04_04_13.jpg shinkyusai_h22_04_04_14.jpg
弓執りの神事がお納めされた後、宮座の最高責任者である督殿(こどの)の交代の儀式である、御神扉の「鍵渡し」が執り行われます。現督殿が神前から御神扉の鍵を運び新督殿に渡し、新督殿はそれを扇子で受けて、再び神前に運び、めでたく督殿の交代となりました。

平成21年4月5日 神弓祭

4月5日午後2時より、神弓祭(しんきゅうさい:古式弓執神事)が執り行われました。
一般には歩射祭【ふしゃさい】とも言われ、神前で弓を引き的を射る神事で、全国各地の神社で行われているものです。
古来より弓矢は神聖で霊的威力を持つものとして信じられ、その力で邪気を祓ったり、農作物の収穫の吉凶を占う事を目的に、弓矢を射る神事が行われてきました。


shinkyusai_h21_04_05_01.jpg shinkyusai_h21_04_05_02.jpg
はじめに御本殿にて祭典が執り行われ、その後境内広場に場所を移し、古式弓執神事がはじまります。そして弓執りに先立ち、参列者に御神酒と膾(なます)が、宮座座員によって配されます。


shinkyusai_h21_04_05_03.jpg shinkyusai_h21_04_05_04.jpg
弓執りの神事は、宮座の今年から上座になる人と昨年上座になった人の二人で執り行われます。
まず初めに、それぞれが神前に向かって拝礼を行い、その後、古式作法に従って、各二本ずつ三回矢を放ちます。


shinkyusai_h21_04_05_05.jpg shinkyusai_h21_04_05_06.jpg
二人が古式作法に則り、同調した動作が執り行われます。3月から先輩の指導を受け、繰り返し練習をされてきた成果が、本番で見事に発揮されました。


shinkyusai_h21_04_05_07.jpg shinkyusai_h21_04_05_08.jpg
参列者見学者からの視線を受け、非常に緊張感のある中、神事が続きます。そして、最後に二本の矢を手に持った状態で鏑矢(かぶらや)を取り、三本の矢を持つ、古式作法に沿った動作が最後に行われ、弓執りの神事が納められます。


shinkyusai_h21_04_05_10.jpg shinkyusai_h21_04_05_09.jpg
弓執りの神事が無事納めされた後、宮座の最高責任者である督殿(こどの)の交代の儀式である御神扉の「鍵渡し」が執り行われます。現督殿が神前から御神扉の鍵を運び新督殿に渡し、新督殿はそれを扇子で受けて、再び神前に運び、めでたく督殿の交代となります。

平成20年4月6日 神弓祭(古式弓執神事)

午後2時より、神弓祭(古式弓執神事)が執り行われました。
このお祭りは、神前で弓を引き的を射る神事であり、古来より弓矢は神聖で霊的威力を持つものとして信じられ、その力で邪気を祓ったり、農作物の収穫の吉凶を占う事を目的に、行われてきた神事です。


shinkyusai_h20_4_6_01.jpg shinkyusai_h20_4_6_02.jpg
御本殿の神前には、弓執りで使われる四本の矢と、弓執りの前に参列者に配される御神酒と膾(なます)などがお供えされています。
また、お蔵の前に的が準備され、手前側の弓を射る場所には、鏑矢(かぶらや)が置かれ、その横の砂山に細木(線香)が六本準備されています。


shinkyusai_h20_4_6_03.jpg shinkyusai_h20_4_6_04.jpg
御本殿での祭典に続き、境内広場にコの字型に参列者が座り、御神酒と膾が配されます。


shinkyusai_h20_4_6_05.jpg shinkyusai_h20_4_6_06.jpg
弓執りの神事は、宮座の今年から上座になる人と昨年上座になった人の二人で執り行われます。
まず初めに、それぞれが神前に向かって拝礼を行います。


shinkyusai_h20_4_6_07.jpg shinkyusai_h20_4_6_08.jpg
古式作法に従って、各二本ずつ矢を放ちます。矢を放った後、細木をすかして的を睨み、放った矢の数だけ細木を砂山に立てます。


shinkyusai_h20_4_6_09.jpg shinkyusai_h20_4_6_10.jpg
古式作法に則った、二人の同調した動作が見事に執り行われます。
先輩からの指導を受け、先月から何日にもわたり熱心に練習されたきた成果が、本番でもしっかりと発揮されました。


shinkyusai_h20_4_6_11.jpg shinkyusai_h20_4_6_12.jpg
弓が放たれる瞬間には、参列者や見学者にも独特の張り詰めた緊張感が広がります。
今年は何本もの矢が、見事に的を射抜きました。


shinkyusai_h20_4_6_13.jpg shinkyusai_h20_4_6_14.jpg
矢が各二本ずつ三回放たれた後、二本の矢を手に持った状態で鏑矢を取り、三本の矢を持つ、古式作法に沿った動作が最後に行われ、弓執りの神事が納められます。


shinkyusai_h20_4_6_15.jpg shinkyusai_h20_4_6_16.jpg
弓執りの神事がお納めされた後、宮座の最高責任者である督殿(こどの)の交代の儀式である御神扉の鍵渡しが執り行われます。現督殿が神前から御神扉の鍵を運び新督殿に渡し、新督殿はそれを扇子で受けて、再び神前に運び、めでたく督殿の交代となります。


shinkyusai_h20_4_6_17.jpg shinkyusai_h20_4_6_18.jpg
全ての神事が納められた後、参列者は参集殿に移動します。
宮座員、総代、氏子会役員が揃った場で、一年間大役を勤められた現督殿に対し、宮司より顕彰状が授与されます。

平成19年4月1日 神弓祭

本日午後2時より、神弓(しんきゅう)祭(古式弓執神事)が、執り行われました。
一般には歩射祭【ふしゃさい】とも言われ、神前で弓を引き的を射る神事で、全国各地の神社で行われているものです。
八大神社では、宮座の人たちの中から、今年から上座になる人と昨年上座になった人の二人が「弓執り」となります。
宮座について 


shinkyusai_h190401_01.jpg shinkyusai_h190401_02.jpg
はじめに御本殿にて祭典が行われ、その後、コの字型に着席して古式弓執りが始まります。
的に対して正面には氏子総代・宮司・宮座の督殿・準列・御供師が座り、他の座員は向かい合って座ります。


shinkyusai_h190401_03.jpg shinkyusai_h190401_04.jpg
弓執りに先立ち、参列者に御神酒と膾(なます)が配されます。


shinkyusai_h190401_05.jpg
土に差された矢立に鏑矢(かぶらや)が置かれ、その横の砂山に細木(線香)が六本準備されています。


shinkyusai_h190401_06.jpg shinkyusai_h190401_07.jpg
弓執りを行う二人が、御神前に拝礼を行います。


shinkyusai_h190401_08.jpg shinkyusai_h190401_09.jpg
二人が古式作法に則り、同調した動作が見事に執り行われます。
参列者及び見学者の視線も集まり、非常に緊張感が高まります。


shinkyusai_h190401_10.jpg
矢が放たれた瞬間。今年は見事に何本もの矢が、的に命中しました。


shinkyusai_h190401_11.jpg
二人がそれぞれ二回弓を射た後、古式作法に則り、細木をすかして的を睨み、放った矢の数だけ細木を砂山に立てます。


shinkyusai_h190401_12.jpg
今年上座になる方が、矢を放たれた瞬間。初めて弓執りでしたが、古式作法もきっちり執り行われ、矢も見事に的に命中しました。


shinkyusai_h190401_13.jpg
最後に鏑矢(かぶらや)がとられ、弓執り式が納められます。

昔は、矢の一本一本を農作物の種類になぞらえ「的を外れたものは不作と判断する」などと言われた為、弓執りの人たちは一生懸命練習したそうです。
今年のお二人も、先輩から指導を仰ぎ、何日にもわたり繰り返し熱心に練習され、本番では弓執りの大役を見事に果たされました。


平成19年3月16日 神弓祭の練習

yumirenshu_190316_01.jpg

毎年4月の第一日曜日(今年は4月1日)に行われる神弓祭の練習が、本日の夜、神社にて行われました。

過去の神弓祭の様子

宮座の今年から上座になる人と昨年上座になった人の二人が「弓執り」となります。
古式に則った作法であり、歩き方や細かい動きを、宮座の先輩の指導により、繰り返し練習されます。
皆さん当然昼間仕事をされていますが、夜に集まり、熱心に伝統の技の練習に打ち込まれます。
本番に向けあと三回程練習が行われます。

平成15年4月6日 神弓祭

200304神弓01
弓執り式の前に、本殿にて神弓祭が行われます。





200304神弓02
本殿を出て、コの字型に着席して古式弓執りが始まります。的に対して正面には宮司・督殿・準列・氏子総代が座り、他の参列者は向かい合って座ります。



200304神弓03
古式弓執りの前に、参列者のすべてに御神酒が供されます。





200304神弓04
御神酒の次に「膾(なます)」が供され、参列者は懐紙にてそれをうけとります。




200304神弓05
桶から柄杓で汲まれた水を手で受けて飲む動作を行います。





200304神弓06
本殿に対して古式に従って拝礼を行います。





200304神弓07
脚をまっすぐに水平に上げて歩む動作、これも古式にのっとったものです。




200304神弓08
左手に土に差された矢立、そこに懸けられている鏑矢(かぶらや)、は弓執りには用いません。右手に寝かせてある細木は4本、射た矢の数だけを起こして砂を盛った地面に立てていきます。


200304神弓09
古式弓執りで実際に射られる矢です。矢の先には金属製の鏃(やじり)が付いています。




200304神弓10
弓執りの二人が二本の矢をそれぞれ三回ずつ的に向かって放ちます。




200304神弓11
弓執りの二人が二本の矢をそれぞれ三回ずつ的に向かって放ちます。




200304神弓12
昔はこの矢の当たりで農作物の豊作不作を占っていたため、弓執りを行う人は一生懸命に練習したそうです。今年もしっかりと中央近くに当たりました。





神弓祭

神弓祭(古式弓執神事)四月第一日曜日
一般には歩射祭【ふしゃさい】とも言われ、「奉射」「武射」とも書きます。地方によっては「御的神事【おまと しんじ】」「蟇目神事【ひきめ しんじ】」などと呼ぶところもあります。神前で弓を引き的を射る神事で、全国各地の神社で行われているものです。

古来より日本では、弓矢は神聖で霊的威力を持つものと信じられています。正月に神社で破魔矢(神矢)を受けるのもそのためです。弓矢のそうした力によって、悪魔を祓ったり不作を占ったりしようとして行われる神事が、神弓祭です。

八大神社では、御本殿にて祭典の後に、神弓祭が行われます。宮座の人たちの中から、今年から上座になる人と昨年上座になった人の二人が「弓執り」となります。弓執りの二人は、古式作法に従って二本の矢を各々三回ずつ的に放ちます。

昔は、矢の一本一本を農作物の種類になぞらえ「的を外れたものは不作と判断する」などと言われていました。そのため、弓執りの人たちは一生懸命練習したそうです。

もちろん、科学技術の進んだ今日では、この神事は実際にそういう占い的な効果を期待するものではありません。しかし、この神事の継続によって、昔の人が村の安全や農作物の豊凶の判断にどれほど心をくだいていたか、ということを思い起こすことができます。このような歴史を伝えることもたいへん肝要なことです。