平成21年11月14日 紅葉便り

kouyou_h21_11_13_01.jpg kouyou_h21_11_13_02.jpg
神社境内の木々が美しく色づきはじめました。
境内東側の摂末社の後ろのもみじは、美しい三色のコントラストを描き、御本殿をお参りしたあと振り返ると見える南側の山も、赤く染まりはじめました。


kouyou_h21_11_13_03.jpg kouyou_h21_11_13_04.jpg
山茶花(さざんか)の大木も花を咲かせ続けています。皇大神宮社の裏から見える風景も大変美しいです。

平成21年10月23日 山茶花が咲き始めました

sazanka_h21_10_23_01.jpg sazanka_h21_10_23_02.jpg

神社境内の東奥にある山茶花(さざんか)の大木に、花が咲き始めました。ピンク色のつぼみが大きく膨らみ、どんどんと白い美しい花が咲いています。
咲いては散り、咲いては散りを繰り返し、12月上旬頃まで、美しい花を見る事ができます。

平成20年11月1日 山茶花が咲いています

sazanka_h20_11_01_01.jpg sazanka_h20_11_01_02.jpg
境内の東奥にある山茶花(さざんか)の大木に、淡い白い花がたくさん咲き、今まさに満開となっています。ご参拝の際には、是非ご覧ください。


sazanka_h20_11_01_03.jpg sazanka_h20_11_01_04.jpg
末社の東側のもみじは、すでに赤く色付きはじめ、秋の深まりを感じさせてくれています。
御本殿の中には、御奉納頂いた美しい三色の菊の花が飾られています。

平成19年11月26日 紅葉たより2

kouyoutayori2_191126_01.jpg kouyoutayori2_191126_02.jpg

摂末社東側のもみじの色づきがより深まり、皇大神宮社北側も真っ赤に染まっています。
一乗寺の里の山間には美しい景色が広がり、多くの人が散策されています。

平成19年11月18日 紅葉便り

kouyou_h191118_01.jpg kouyou_h191118_02.jpg

秋も深まり、境内の木々もようやく色づいてきました。
近隣の詩仙堂丈山寺などの社寺を散策され、神社に参拝される方々も大変増えています。神社周辺の紅葉は、12月上旬頃まで楽しめそうです。

平成18年11月20日 紅葉便り

kouyoutayori_181120_01.jpg秋も深まり、境内のまわりの木々も色づいてきました。
写真は末社の東側のもみじです。





kouyoutayori_181120_02.jpgご本殿とその東側の様子。







kouyoutayori_181120_03.jpgご本殿にお参りをしたあと、振り返ると見える、南側の山の風景。




平成18年10月31日 山茶花が満開です

十月中旬から咲き始めた山茶花(さざんか)の花が、満開になってきました。


sazanka_181030_01.jpgこの山茶花の木は、根元の直径が約40cm程もあり、山茶花としてはかなりの大木です。





sazanka_181030_02.jpgしばらくは咲き続けますので、ご参拝のおりには是非ご覧ください。



平成18年10月20日 地元中学生の総合学習

地元の修学院中学校の一年生の生徒の皆さんが、総合学習の一環として八大神社に来られました。
修学院中学校ホームページ

1グループ5名程の生徒さんが3グループ来られ、神社の由来や歴史について質問をされました。

皆さん活発に質問され、熱心にメモを取られていました。学校に戻り、グループごとに発表されるそうです。

神社や一乗寺地域の歴史文化について、若い世代に興味を持って貰い、それを伝えていくことができればと思います。


sougougakushuu_181020_01.jpg

平成18年10月19日 山茶花が咲きはじめました

sazanka_181019_01.jpg神社境内の東側にある山茶花(さざんか)の樹に、花が咲き始めました。





sazanka_181019_02.jpgこれから12月頃までたくさんの花を咲かせますので、ご参拝の際には是非ご覧ください。


平成18年8月20日 地蔵盆

本日、神社の境内にて地蔵盆が行われました。→「地蔵盆」とは
神社が場所をご提供し、町内の子供達と世話役の大人の皆さんが集まり、終日賑やかに行われました。


jizoubon_060820_01.jpg
きれいに飾り付けられたお地蔵さん。

jizoubon_060820_02.jpg
本日のプログラム。

jizoubon_060820_03.jpg
詩仙堂丈山寺のご住職により読経が行われました。

jizoubon_060820_04.jpgjizoubon_060820_05.jpg
子供達がイラストを書いた手作りの燈籠が飾られます。

jizoubon_060820_06.jpg
スイカ割り大会!

jizoubon_060820_07.jpg
夜も更け、魅惑?!のマジックショー開催中。


地蔵盆が終わると、子供達の夏休みも残りわずか。

町内の昔からの行事であるこの地蔵盆を、これからも大切に受け継いでいければと思います。

平成18年7月25日 お猿

先日の鹿に続き、本日も別の迷惑な訪問者がいらっしゃいました。
比叡山周辺地域ではおなじみの「お猿」の皆さんです。
写真に撮ることが出来なかったので、似た輩をネット上で探しました

そして、咲いたばかりのカサブランカが見事に一つ食べられ、茎も折られてしましました・・・。
kasaburannka_0725_01.jpgkasaburannka_0725_02.jpg

今年も悲しい結末を迎えたカサブランカですが、来年も何とか咲くこと祈ります。

平成18年7月23日 咲きました

kasaburannka_0723_01.jpg

先日よりご報告しておりますカサブランカの花が、長雨にも負ケズ、鹿にも負ケズ、見事に咲きました。
一昨日(21日)一つ目の花が咲き、本日ニつ目も咲きました。
雨に濡れた白い大きな花は美しく、また素晴らしい芳香を放っています。

鹿に食べられなければ、もっとたくさん見れたのですが・・。
今年は葉の被害がひどく、ほとんど全てなくなってしまったので、来年きちんと花を咲かせてくれるのかは分かりませんが、なんとかド根性で頑張ってほしいものです。

平成18年7月14日 カサブランカ つぼみ膨らむ

kasaburannka_0714_01.jpg

先日、鹿に食べられ、成長を危ぶんでいた神社敷地内にあるカサブランカ。
二つだけになっていた花のつぼみが、かなり大きくなってきました。
このまま無事に咲いてくれたら良いのですが。

平成18年7月1日 風変わりな参拝客

毎月一日は、月次(つきなみ)祭であり、地元一乗寺の皆さんを中心に一日参りに来られます。
本日も、早朝からたくさんの皆さんがお参りされたのですが、何故か境内に獣の足跡が。
足跡から推測するに、その正体は夜行性で深夜に参拝に!?やって来た鹿だったようです。→イメージ

参拝ついでに神社で育てている植物をつまみ食いした模様です。

kasaburannka_0701_01.jpgつまみ食い被害1号「カサブランカ」。たくさん付いていた花芽と葉のほとんど。残った花芽は二つのみです・・。





sagisou_060701_01.jpgつまみ食い被害2号「サギ草」。
青々と成長した葉の先が、所々かじられています。





カサブランカの花芽は、昨年はお猿の集団に食べられました。
甘〜い香りに惹かれるのでしょうか?。