方除

八大神社は、古来より「北天王(北の祇園)とも称せられ、皇居守護神十二社中の一つになっています。都の東北隅「表鬼門」に位置しており、方除けの神として信仰されています。

方除の御祈願
方位が良ければ物事が良い方向に進むと考えられており、特に、建物の新築や増改築の時には、土地や工事の場所について、方位・方角にまつわる災厄や障りを祓い清め、神様の御加護を得られるよう御祈願を斎行します。

地鎮祭
建設を始めるにあたり、その土地を祓い清めて土地の神々に工事が無事完了するよう祈願するお祭りです。

式次第
一、 修祓
一、 降神の儀
一、 献饌
一、 斎主祝詞奏上
一、 敷地四方祓の儀
一、 鍬入れの儀
一、 鎮物埋納の儀
一、 玉串拝礼
一、 撤饌
一、 昇神の儀

鎮物鎮物 【しずめもの】








清め砂清め砂








方除札方除札








上棟札上棟札