平成19年5月5日 上一乗寺 氏子祭(神幸祭)

5月5日、氏子・宮座に伝承された古式に則って、八大神社の大祭が執り行われました。
当日は、心配された雨も降らず、良いお天気のもとで、無事斎行することが出来ました。



kamiichi_ujikosai_h190505_01.jpg kamiichi_ujikosai_h190505_02.jpg
上一乗寺集会所での奉幣式の様子。鉾差しニ名が参列者に御神酒とおこしを配する間、宮座の下座により鉦・太鼓が奉納がされます。始めは緩く徐々に合間をつめて速くなり、鉦・太鼓が調子を合わせて連打されます。七辺返しを三回行い、鉾差しが正面祭壇に三宝を安置し所定の位置に戻った時、鉦・太鼓の連打を終わります。
連日、夜遅くまで熱心に練習された成果が発揮され、今年も見事な鉦・太鼓の奉納が執り行われました。


kamiichi_ujikosai_h190505_03.jpg kamiichi_ujikosai_h190505_04.jpg
奉幣式が執り行われた後、神事列書が読み上げられ神幸列が整えられ、一の鳥居の注連縄を切って八大神社に向かいます。本殿前にて引き返し、社旗・剣鉾を先頭に、順次巡行路に入ります。写真は、元気に出発する子供神輿と、神幸列で鉦・太鼓を奏する宮座の皆さんです。


kamiichi_ujikosai_h190505_05.jpg kamiichi_ujikosai_h190505_06.jpg
大人神輿奉賛会を中心に構成された担ぎ手の皆さんにより、伝統の八角の御神輿が担ぎ出され、勇ましく巡行を開始します。宮司・氏子総代・宮座の係の皆さんが行列のあとに続きます。


kamiichi_ujikosai_h190505_07.jpg kamiichi_ujikosai_h190505_8.jpg
大人神輿は、一部の非常に狭い箇所を除き、道中は全て担がれて巡行します。要所要所で高く差し上げられる巨大な神輿は、迫力に溢れ、沿道の方々から多くの喝采を浴びます。


kamiichi_ujikosai_h190505_09.jpg kamiichi_ujikosai_h190505_10.jpg
踊り児の男児は五色の色紙で作られた垂紙の束を竹竿の先端に結いつけたサンヨレボウキを持ち、上下に揺り立てながら巡行路を練り歩きます。稚児は冠、着物に袴を着用し、手に榊の小枝を持って巡行します。
何れも小学校一年生がこの役を行いますが、みんな元気に最後まで頑張って、歩くことができました。


kamiichi_ujikosai_h190505_11.jpg kamiichi_ujikosai_h190505_12.jpg
神幸列の先頭を行く、勇壮な剣鉾の様子です。
右から、「菊鉾」(壱番鉾)、「龍(りょう)鉾」(弐番鉾)、「柏鉾」(参番鉾)です。
八大神社の誇る鉾差しの皆さんが、卓越した技術で、剣(まねき)を前後に振り、鈴(りん)を左右に八の字型に振り棹に押し当て、冴えた高い音を発しながら進みます。
剣鉾巡行の周りには、今年も多くのカメラを構えた方々が取り囲みました。


kamiichi_ujikosai_h190505_14.jpg kamiichi_ujikosai_h190505_13.jpg
京都市の無形文化財にも指定されている八大神社の剣鉾差しですが、その伝統の技術は、年間を通じ、また祭礼前に集中して行われる練習によって、維持・継承されています。
今年は小学生の子供用剣鉾と一緒に、高校生が小型の剣鉾を差して巡行してくれました。


kamiichi_ujikosai_h190505_15.jpg kamiichi_ujikosai_h190505_16.jpg
神幸列の中ほどを進む、督殿、準列、宮座の各係の皆さんと、楽しく元気に巡行する子供神輿の様子です。
督殿は宮座の長として、準備段階から大変な責任を負ってお祭り当日を迎えられます。子供神輿も、PTA(地域委員)の皆さんや子供神輿奉賛会の皆さんの力により、安全で楽しい巡行が可能となります。


kamiichi_ujikosai_h190505_17.jpg kamiichi_ujikosai_h190505_18.jpg
今年の祭礼もクライマックスに近づきました。下り松の辻で、御神輿が激しく南北に担ぎ動かされたあと、一の鳥居前に安置されます。藪里釈迦堂にて宮司以下、督殿、総代等が拝礼を行っている間、宮座の下座により奉幣鉦・太鼓が奏されます。


kamiichi_ujikosai_h190505_19.jpg kamiichi_ujikosai_h190505_20.jpg
御神輿は、担ぎ手の皆さんが最後の力を振り絞り、神社境内を勇ましく担ぎ動かされ、高く差し上げられたあと、御本殿前に安置され、御神体が宮司により戻されます。
本当に多くの方々のご協力により、早くから綿密に準備が進められた年に一度の大祭が、事故もなく盛大にお納めされました。



平成19年5月5日 下一乗寺 氏子祭(神幸祭)

下一乗寺地区(一乗寺の西方面の地域)の祭礼が、5月5日の朝から執り行われました。


shimoichi_ujikosai_h190505_01.jpg shimoichi_ujikosai_h190505_02.jpg
午前9時からの御旅所(地蔵本公園)での神事の後、神幸列が出発します。
社旗と露払いの猿田彦を先頭に、サンヨーレの稚児行列が続きます。

shimoichi_ujikosai_h190505_03.jpg shimoichi_ujikosai_h190505_04.jpg
たくさんの小学生が元気に子供神輿を巡行させます。
女神輿も威勢良く楽しく担がれ巡行し、各所で喝采を集めます。

shimoichi_ujikosai_h190505_05.jpg shimoichi_ujikosai_h190505_06_1.jpg
多くの男衆によって担がれた大人神輿(男神輿)が、勇ましく練り歩きます。
要所要所で高く差し上げれる様子は、迫力満点です。

shimoichi_ujikosai_h190505_07_1.jpg shimoichi_ujikosai_h190505_08.jpg
神社に遷御する時の様子です。
きつい上り坂ですが、小さいお子さんも女神輿も、最後まで力を合わせ、元気に戻ってこられました。

shimoichi_ujikosai_h190505_09.jpg shimoichi_ujikosai_h190505_10.jpg
大人神輿も最後まで掛け声が大きく、境内でも右に左に担ぎ動かされ、勇ましく遷御します。
御神体は、宮座の師匠によって、御本殿に戻されます。



平成19年5月5日 一乗寺住宅自治会 氏子祭(神幸祭)

一乗寺住宅自治会地区(一乗寺の西北方面地域)の祭礼が、5月5日の朝から執り行われました。


jyutakujichi_ujikosai_h190505_01.jpg jyutakujichi_ujikosai_h190505_02.jpg
柊社(ひいらぎしゃ、比良木社)での神事の後、御神輿が地域を練り歩きました。

jyutakujichi_ujikosai_h190505_03.jpg jyutakujichi_ujikosai_h190505_04.jpg
子供が中心となって担ぐ子供神輿とサンヨーレの行列が、係の大人の指導を受け元気に巡行しました。

jyutakujichi_ujikosai_h190505_05.jpg jyutakujichi_ujikosai_h190505_06.jpg
八大神社に遷御する際の様子。長距離・長時間に渡る巡行でしたが、皆さんで力を合わせ最後まで頑張って担がれました。
心配していた雨も降らず、良いお天気のもとで、お祭りがお納めされました。



平成16年5月5日 神幸祭(氏子祭)

神幸祭04-01上一乗寺集会所内、奉幣式。今年はカメラ中継で外からも進行の様子を見ていただくことができました。





神幸祭04-02大人神輿が北薬師堂に入るところです。






神幸祭04-03剣鉾が3つ立てられたところ、手前から順に「菊鉾」「龍鉾」「柏鉾」です。








神幸祭04-04子ども御輿の巡行です。






神幸祭04-05サンヨレボウキの五色の垂紙はお祭りの後に神幸祭参加者に配られます。





神幸祭04-06右手奥に下り松が見える坂を下りてくるところです。






神幸祭04-07一の鳥居の前で神輿を両手で掲げているところ。右手の端に一の鳥居が見えています。





神幸祭04-08にぎわいとともに今年も例祭が無事に終了しました。






平成15年5月5日 神幸祭(氏子祭)

神幸祭03-01午前9時より地蔵本公園【下一乗寺御旅所】にて下一乗寺神幸祭を行います。





神幸祭03-02午前9時30分より柊社(比良木社)【一乗寺住宅自治会御旅所】にて一乗寺住宅自治会神幸祭を行います。





神幸祭03-03下一乗寺御輿行列。露払いの猿田彦命を先頭に神幸列が練り歩きます。







神幸祭03-04一乗寺住宅自治会の子供御輿。たる御輿、花車、と巡行が続きます。





神幸祭03-05午後12時30分より、上一乗寺集会所にて奉幣式が行われます。鉾差し二名が瓶子を三宝に奉持して御神酒を土器に注ぎます。参列者はこれを飲み干し、鳥肴(粟おこし)を懐紙に包みます。約30分で式は終了します。



神幸祭03-06奉幣式と同時に奉幣太鼓と鉦が奉納されます。鉾差し二名が祭壇に三宝を安置して所定の位置に席するちょうど同じ時に、太鼓と鉦の連打も終わります。午後1時ごろ奉幣式が終了します。




神幸祭03-07奉幣式終了後、社旗・露払いを先頭に神幸列順を編成して、八大神社に向かいます。





神幸祭03-08午後1時半ごろ、子供御輿が八大神社を出発します。






神幸祭03-09子供御輿の後、大人御輿が巡行へ出発します。






神幸祭03-10剣鉾差し。昔とちがって巡行路に電線・電話線が低く張られるところが増えたため、鉾を差す道中が減ってきています。







神幸祭03-11子供剣鉾差し。鉾差しの技法を後世に受け継がれることを願って京都市より贈られたものです。6年生男児を対象に子供鉾差しの育成・練習が行われています。






神幸祭03-12稚児行列。冠・着物・袴を着用し、手に榊の小枝を持って巡行します。小学校1年生女児がこの任に当たります。





神幸祭03-13白川通を進む大人御輿。約1トンもの重量がある御輿を実際に支えるのは20人くらいですが、交代要員が休憩場所ごとに入れ替わって、同じ人の肩ばかりに負担がかかり過ぎないよう、調整しながら巡行します。



神幸祭03-14踊り児の男児は、五色の色紙で成る垂紙の束を長さ2mの竹竿の先端に結い付けたサンヨレボウキを持ちます。これを上下に揺り立て、鉦・太鼓を打ち、サンヨーレの掛け声を発しながら、巡行します。この五色の垂紙は後に神幸祭参加者に配られ、家の出入り口に付けて家内安全の護符とされます。


神幸祭03-15神幸列の鉦囃子。鉦の音も太鼓と同じく途切れることなく鳴らし続けなければならないため、たいへんな役割です。





神幸祭03-16神幸列の太鼓囃子。太鼓の担ぎ手と並んで太鼓の打ち手も歩みつつ太鼓を打ちながら巡行します。休憩ごとに交代もしますが太鼓の打ち手は神幸祭の終わりには撥で擦れて手のひらが豆になることもあります。



神幸祭03-17扇子を持った者が御輿を先導する掛け声をかけながら進んでいきます。





神幸祭03-18御輿は最後に下り松鳥居前に還ります。ここで、太鼓・鉦の囃子が奏され、神幸列・御輿は八大神社へ還幸します。





神幸祭(氏子祭):五月五日

上一乗寺・下一乗寺・一乗寺住宅自治会のそれぞれの地域で神輿が巡行し、多くの人たちの奉仕によって盛大に執り行われます。

上一乗寺神幸祭■■■■■
上一乗寺
午後12:30〜1:00 神幸祭
場所:上一乗寺集会所
=上一乗寺御旅所
奉幣式(約30分)/奉幣太鼓・鉦

午後1:00〜4:30 神幸列
「剣鉾」「サンヨレ」 /神輿巡行

下一乗寺神幸祭■■■■■
下一乗寺
午前9:00〜午後3:00 神幸祭
場所:地蔵本公園
=下一乗寺御旅所
神輿巡行

自治会神幸祭■■■■■
一乗寺住宅自治会
午前9:30〜午後2:30 神幸祭
場所:柊社(比良木社)
=一乗寺住宅自治会御旅所
神輿巡行



奉幣式

奉幣式01奉幣式は、上一乗寺集会所にて午後12時半から実施される式典です。鉾差し2名が正装して参列者に御神酒と鳥肴を配し、約30分で式が終了します。




奉幣式02式典では、宮座の下座により太鼓と鉦が奉納がされます。始めは緩く徐々に合間をつめて速くなり、太鼓・鉦が調子を合わせて連打されます。七辺返しを三回行い、鉾差しが正面祭壇に三宝を安置し所定の位置に席した時、太鼓長は鉦・太鼓の連打を終わります。宮座


神幸列

神幸列奉幣式終了後、社旗・露払いを先頭に、一乗寺下り松鳥居前の注連縄を切って順次八大神社に向かい、本殿前にて引き返し巡行路に入ります。
踊り児の男児は、五色の色紙で作られた垂紙の束を竹竿の先端に結いつけたサンヨウレホウキを持って練り歩きます。稚児は、冠・着物に袴を着用し、手に榊の小枝を持って巡行します。小学校1年生がこの任に当たります。

子供神輿子供神輿は、たくさんの小学生が係の大人から指導を受けながら元気に巡行します。





剣鉾巡行

剣鉾巡行剣鉾は、本殿前より「菊鉾」「龍鉾」「柏鉾」 の三基が一斉に差されて、巡行路に荘重な音を響かせます。伝統の技法を今に残し神輿の先駆けとして巡行する姿は、京都でも数少なく貴重な存在であり、京都市の登録無形民俗文化財になっています。

剣鉾:柏・龍・菊

神輿巡行

神輿巡行01
神輿奉賛会を中心に構成された大勢の神輿かきの人たちが、伝統の八角の神輿を盛大に巡行させます。




神輿巡行03
要所要所で高く神輿を差し、
沿道の人たちから喝采を浴びます。


神輿巡行02
熱気に汗ばみながらも、皆が力を合わせ声を合わせて心を込めて神輿を進めていきます。





神幸祭 神輿巡行経路

▼上一乗寺
上:神輿地図

▼下一乗寺
下:神輿地図

▼一乗寺住宅自治会
自治会:神輿地図