平成29年度 七五三詣ご案内


annai753_29_01.JPG annai753_29_02.jpg

〔七五三詣〕 
七五三詣りは、お子さまの成長と健康を神様に感謝し、さらに今後の健やかな成長を祈願する大切な儀式です。
男の子は、三歳・五歳、女の子は、三歳・七歳、にお詣りします。
数え年、満年齢どちらで参拝されても結構ですので、それぞれの年齢に達した節目を、ご家族皆様でお祝いし是非お詣り下さい。
受付期間は、基本的に11月中となりますが、10月、12月のお詣りも可能ですのでお問い合わせ願います。
尚、11月3日(祝日)が、左京区一乗寺地域の七五三詣りのお祭りの日となります。巫女によるお神楽を行い、地域の代表の方々も参列されている中でご祈祷をお受けいただけますので、ご都合がよろしければ是非その日にお詣りください(受付:午前10時〜午後3時)。

 平成29年の七五三詣り
 ・七歳(帯解) 平成23年(2011年)生まれ(女の子)
 ・五歳(袴着) 平成25年(2013年)生まれ(男の子)
 ・三歳(髪置) 平成27年(2015年)生まれ(男の子・女の子)
 ※上記は数え年です。満年齢でも受け付けております


〔御祈祷〕
・事前にお電話やメールフォームでご予約をお願い致します。原則一家族毎にご祈祷致します。※11月3日及び土日祝日でお詣りのお時間が重なる場合は、複数のご家族での祈祷となる場合もございます。
・ご祈祷のお時間:約20分間。
・ご祈祷の受付時間:午前10時〜午後3時。
・ご祈祷の際には神社参集殿(広間)をご利用いただけます(衣装のお直しやおむつ替え等ご自由にお使いください)。

〔御下がり〕
お子さまにお渡しするもの
・御守
・福笹(若竹を表す笹の枝に、短冊と紙風船をつけた縁起物)
・千歳飴
・記念品(文房具等)
・お菓子

〔初穂料〕
お子さま一人 5千円 お納めいただいております

〔申込方法〕
・お電話にてご予約をお願い致します。
 氏名、性別、年齢、電話番号をお伝えください。
 八大神社社務所電話:075-781-9076(午前9時〜午後5時)
メールフォームでもご予約可能です。
・お詣り当日、社務所にてご住所等の詳細をご確認致します。

〔駐車場〕
・鳥居を抜けて、神社境内に駐車可能です。
・駐車料金無料。

「新年団体ご祈祷」ご案内

sinnen_dantai_kitou_h290101.jpg


御本殿に於いて会社・法人・団体の皆様の新しい日々への感謝と祈りを神々にご奉告申し上げます。
新年の清々しい空気が満ち溢れる八大神社に是非お詣りください。


〔願意〕
会社・法人・団体の隆昌、事業・商売の繁昌、社員・従業員の健康、事業所の安全等を御祈願いたします

〔御祈祷〕
・受付期間:1月1日〜2月3日
 ※元日(1月1日)は午後1時〜午後4時の受付となります。
 ※1月5日の午前9時30分〜午前11時は祭事の為、ご祈祷をお受けいただけません。また、1月5日はお仕事初めでご祈祷が集中する為、他の団体様とご一緒にご祈祷をお受けいただく場合がございます。
・受付時間:午前9時〜午後4時
・所要時間:約20分間

〔御下がり〕
□ご代表者
・御神札(伊勢神宮御神札・八大神社御神札)
 ※ご希望の場合木製の「御神札立て」を授与致します
・御神矢(破魔矢)
・干支大絵馬
・御撤饌 等
□ご参列者
・御神矢(破魔矢)をご参列者人数に応じ最大5体授与致します

〔初穂料〕
 1万円 お納めいただいております 

〔申込方法〕
・お電話にてご予約をお願い致します
 八大神社社務所電話:075-781-9076
・御祈祷の当日に社務所にて、ご代表者名・ご住所等の詳細をご確認致します

〔駐車場〕
・鳥居より進入し境内に5台程駐車可能です
・元日(1月1日)終日と1月5日午前中は、境内に進入不可となりますので鳥居の東側(鳥居を超えて左側)の駐車場をご利用願います

平成28年度 七五三詣ご案内


annai753_28_01.jpg annai753_28_02.JPG

〔七五三詣〕 
七五三詣りは、お子さまの成長と健康を神様に感謝し、さらに今後の健やかな成長を祈願する大切な儀式です。
男の子は、三歳・五歳、女の子は、三歳・七歳、にお詣りします。
数え年、満年齢どちらで参拝されても結構ですので、それぞれの年齢に達した節目を、ご家族皆様でお祝いし是非お詣り下さい。
受付期間は、基本的に11月中となりますが、10月、12月のお詣りも可能ですのでお問い合わせ願います。
尚、11月3日(祝日)が、一乗寺地区の七五三詣りのお祭りの日となります。巫女によるお神楽を行い、地域の代表の方々も参列されている中でご祈祷をお受けいただけますので、ご都合がよろしければ是非その日にお詣りください(受付:午前10時〜午後3時)。

 平成28年の七五三詣り
 ・七歳(帯解) 平成22年生まれ(女の子)
 ・五歳(袴着) 平成24年生まれ(男の子)
 ・三歳(髪置) 平成27年生まれ(男の子・女の子)
 ※上記は数え年です。満年齢でも受け付けております


〔御祈祷〕
・事前にご予約いただき、原則一家族毎にご祈祷致します。
※11月3日及び土日祝日でお詣りのお時間が重なる場合は、複数のご家族での祈祷となる場合もございます。
・ご祈祷のお時間:約20分間。
・ご祈祷の受付時間:午前10時〜午後3時。
・ご祈祷の際には神社参集殿(広間)をご利用いただけます(衣装のお直しやおむつ替え等ご自由にお使いください)。

〔御下がり〕
お子さまにお渡しするもの
・御守
・福笹(若竹を表す笹の枝に、短冊と紙風船をつけた縁起物)
・千歳飴
・記念品(文房具等)
・お菓子

〔初穂料〕
お子さま一人 5千円 お納めいただいております

〔申込方法〕
・お電話にてご予約をお願い致します。
 ご希望の日時、氏名、性別、年齢、電話番号をお伝えください。
 八大神社社務所電話:075-781-9076
 同内容をメールフォームで送信いただいても結構です。神社よりご返信致します。
・お詣り当日、社務所にてご住所等の詳細をご確認致します。

〔駐車場〕
・鳥居を抜けて、神社境内に駐車可能です。
・駐車料金無料。

平成27年7月 「ご婚礼のしおり」ご案内


ご婚礼のしおり_01.jpg ご婚礼のしおり_02.jpg

このたび八大神社「ご婚礼のしおり」(神前結婚式パンフレット)を新たに作成致しました。

高解像度版「ご婚礼のしおり」.pdf
低解像度軽量版「ご婚礼のしおり」.pdf

ご婚礼のしおり_03.jpg ご婚礼のしおり_04.jpg

神社社務所にて配布しておりますので、ご興味のある方はご参拝の際にお申しつけください。
また、ご郵送での手配も可能ですのでこちらからお申し込みください。

八大神社神前結婚式のご案内



神前結婚式ご案内

hachidai_kyoshiki_01.jpg hachidai_kyoshiki_02.jpg

八大神社の御祭神である素戔嗚命(スサノオノミコト)は、出雲において稲田姫命(イナダヒメノミコト)と劇的なめぐり会いをされ御結婚されたことから、縁結び、夫婦和合の神様としても信仰を集めます。
比叡山の麓、鎮守の杜の豊かな自然に囲まれた静寂な御本殿で厳かに神前挙式をご奉仕し、お二人の晴れの門出をお祝い致します。

「八大神社ご婚礼のしおり」(高解像度版).pdf
「八大神社ご婚礼のしおり」(低解像度軽量版).pdf

hachidai_kyoshiki_03.jpg hachidai_kyoshiki_04.jpg

〔式次第〕
一.修祓
一.祝詞奏上
一.三献の儀
一.誓詞奏上
一.新郎新婦玉串拝礼
一.親族玉串拝礼 
一.指輪の交換
一.親族固めの盃

hachidai_kyoshiki_05.jpg hachidai_kyoshiki_06.jpg

〔八大神社での挙式〕
■一日の挙式組数:
ゆったりとした結婚式をお挙げいただく為、1日最大2組までの受付と致しております。
■参列人数:
ご参列人数はご両家各13名以内です。ご友人等のご見学についても可能です。
■衣装等の手配:
新郎新婦様ご自身で衣装・写真撮影などのご手配をお願いしております。神社指定の会社の取決めはございませんので、ご自由に依頼いただけます。また、神社から挙式関連の会社をご紹介する事は可能です。リンク・結婚式
■持ち込み料:
衣装・写真撮影などの持ち込み料はいただいておりません。
■控室について:
新郎新婦、ご両家親族の控室として参集殿広間(約30畳)をご使用いただいております。
■着付け場所:
神社での着付けの場合、着付け室(2部屋、共に8畳)をご使用いただけます(使用料5千円)。また外部から着付け後のご来社いただく事も可能です。
■撮影について:
挙式中の御本殿での写真及びビデオ撮影については基本的に可能です。神職からの諸注意事項をお守りいただき、参列者が自席より著しく離れて撮影する等は禁止しております。

〔申込方法、挙式までの予定〕
■神社下見・下見について
・神社祭典時等を除き午前10時頃〜午後4時頃まで可能ですので、事前にお電話、e-mail等でご予約の上ご来社下さい。
・神職が御本殿(挙式場所)及び参集殿(控室)等をご案内し、また挙式の詳細や空き状況等をご説明致します。
■挙式ご予約
・挙式候補日(1日)をお電話等で仮申し込みいただく事も可能です。その場合、1週間程予定を押さえます。
・本申し込みはご来社いただくか、必要事項を申込用紙にご記入いただき、FAXもしくは郵送にて送付願います。挙式関連の会社を通じてお申し込みいただく事も可能です。申込用紙はこちら
■挙式当日
・挙式30分前までにご参集ください。
・参列の皆様に参集殿(控室)にてお祝いの昆布茶をお出し致します。
・神職より新郎新婦様に対し進行のご説明を行います。あわせて式中に奏上される誓詞をお渡しし、新郎新婦様にご署名いただきます。
・指輪の交換を執り行われる場合、指輪をお預かりいたします。
・挙式5分程前に参集殿前に整列し、巫女の先導により御本殿に向かいゆっくりと参進します。(整列順序:新郎新婦を先頭に、父・母・兄弟・親族、等)
・挙式の所要時間は約30分です。

hachidai_seishi.jpg hachidai_sanshin.jpg


〔挙式初穂料〕
・初穂料 35,000円
  含まれる内容:
   御本殿での挙式(神職、巫女奉仕)
   控室(参集殿)の使用
   参集殿での昆布茶接待
   新郎新婦様への御下がり(御神札、御守、立て大絵馬等)
・着付け室使用料 5,000円
 (メイク直しなど短時間の利用の場合は無料)
・雅楽生奉奏 25,000円
・初穂料は、挙式日前に、もしくは当日の挙式前に、お納め願います。
・初穂料のお納めは、新郎新婦様から直接、もしくは挙式関連の会社を通じてのどちらも可能です。

〔その他〕
・お車は、神社境内に5台程、徒歩すぐの駐車場に5台程、駐車可能です。
・挙式を中止される場合は、なるべく早急にご連絡ください。(キャンセル料を請求する事はございません)


shisendo02.jpg shisendo01.jpg

〔隣接する詩仙堂でのご参拝写真撮影について〕
・八大神社の鎮座する京都洛北地域の豊かな自然環境や歴史文化に深く触れていただくため、挙式にあわせて洛北屈指の名刹名園である詩仙堂丈山寺でのご参拝及び写真撮影をお薦めしております。
・詩仙堂は八大神社と隣接し、徒歩1分で移動可能です。
詩仙堂webサイト
・撮影の難しい時期、撮影の諸条件、お納めいただくお供え料、等につきまして詳しくは八大神社までお問い合わせください。

地鎮祭のご案内

jichinsai_01.jpg jichinsai_02.jpg

〔地鎮祭〕
建物を建築する際、土地の神様をお鎮めし、工事の安全と守護をお祈りするお祭りです。
八大神社は、比叡山の麓、平安京の東北隅「表鬼門」に御鎮座し、方除けの神として厚く信仰されており、年間多数の地鎮祭をはじめとする建築に関する祭典にご奉仕しております。

〔祭典〕
・建築地に神官がお伺いし、祭典を執り行います(送迎は不要です)。
・祭典30分前には現場に到着し準備致しますので、施工会社様は、それまでに斎竹、テント等の準備をお願い致します。
・祭典式次第
 一、修祓
 一、降神の儀
 一、献饌
 一、斎主祝詞奏上
 一、敷地四方祓の儀
 一、地鎮の儀
 一、玉串拝礼
 一、撤饌
 一、昇神の儀
・祭典の所要時間は約30分程。

〔申込方法〕
・お電話にてご予約をお願いします。八大神社社務所電話:075-781-9076
・お申込みは施主様、施工会社様のどちらからしていただいても結構です。
・大安や友引、また土曜日や日曜日等はご希望が多い為、開始時間についてご調整をお願いする場合がございます。
・お電話にて、「希望の日時」「建築地の住所概略」「施主様もしく施工会社様の連絡先」をお伝えいただきご予約ください。
・ご予約の後FAXにて、「施主様名と連絡先」「施工会社様名と連絡先、ご担当者」「設計会社様名(ある場合のみ)」「建築地住所」「参列予定人数」をお知らせください。また、神官が車で現地に伺う為、「建築地の地図」についても、あわせてFAXにて送付願います。
・ご希望に応じ、京都市内を中心に、京都府下、滋賀県、京都に近い大阪や奈良の地域にお伺いしております。

〔準備物〕
◇神社にて準備するもの
・祭壇、祭器具類(鋤・鍬等)、神饌(お供えもの)については、全て神社で準備致します。
・神饌の内容
  米、酒、塩、水
  餅(祭典前日につかれた一升分の鏡餅)
  スルメ、昆布、乾物類
  野菜
  果物
・方除御札、鎮物、棟札

◇施工会社様にご準備いただくもの
・四方に立てる竹4本
・竹に張る縄
・お砂(バケツ3杯ほど)
・雨よけ日よけの為のテント
・上記の設営をお願いします

〔初穂料〕
・通常
 3万5千円 お納めいただいております
・氏子地域である京都市左京区一乗寺地区での地鎮祭については、
 3万円 お納めいただいております

〔地鎮祭後にお渡しする授与品〕
・方除御札
 工事期間中の工事安全の御札として現場の表鬼門(東北隅)にお祀りいただきます。施工会社様にお預け致します。
・鎮め物
 土地を守護いただく為に捧げる供え物で、基礎工事を行う際に建物の中心に埋納いただきます。施工会社様にお預け致します。
・棟札
 建物を守護いただく為の御札であり、棟上げの際に天井裏にお祀りいただきます。施主様にお預け致しますので、大切にお持ちいただき、棟上げの際に施工会社様にお渡しください。
・神饌(お供えもの)
 全て施主様にお渡し致します。縁起物ですので、御下がりとしてお持ち帰りいただき、お召し上がりください。

初宮詣(お宮参り)ご案内

hatumiya01.jpg hatumiya02.jpg

〔初宮詣〕
お子さまがお生まれになった日から30日過ぎを目途とし、神社に参拝する古くからの慣わしです。
神様にお子さまの誕生を感謝し、健やかな成長をご祈願致します。
お詣り時期は日数にこだわらず、赤ちゃん、お母さまの体調や気候などを考慮いただき、ご家族皆様でお越し下さい。

〔御祈祷〕
・事前にお電話でご予約をお願い致します。
・ご家族皆様に御本殿にお入りいただきご祈祷致します。
・ご祈祷のお時間:約20分間。
・ご祈祷の受付時間:午前10時〜午後3時。
・ご祈祷の際には神社参集殿(広間)をご利用いただけます(衣装のお直しや、おむつ替え・授乳・ミルク等のスペースとしてご自由にお使い下さい)。
・御祈祷の際、赤ちゃんの額に、男の子「大」、女の子「小」と神主がお書き致します。事前にお書きになり、お越しいただいても結構です。

〔御下がり〕
・御守
・掛け絵馬(御祈祷の前、祈願内容をご家族でお書きいただき、御祈祷の後、絵馬掛けに奉納いただきます)
・立て大絵馬等の記念品
・社紋菓子
・お菓子
など

〔初穂料〕
 8千円 お納めいただいております 

〔申込方法〕
・お電話にてご予約をお願い致します。
 氏名、性別、電話番号をお伝えください。
 八大神社社務所電話:075-781-9076
・お詣り当日、社務所にてご住所等の詳細をご確認致します。

〔駐車場〕
・鳥居を抜けて、神社境内に駐車可能です。
・駐車料金無料。

厄除祈願(厄年祓い)ご案内

yakuyoke_hachidai_01.jpg yakuyoke_hachidai_02.jpg

〔厄除〕
運気が下がり、災難や不幸が身に降りかかりやすい年を「厄年」とし、神様にその年を無事に過ごせるよう「厄除祈願(厄年祓い)」のお詣りをする事が古くより行われております。
八大神社の御祭神「素盞嗚命(すさのおのみこと)」は、厄除けの神様としての厚い御神徳が知られており、氏子の皆さんを中心に毎年多くの方々が厄除けのお詣りにご来社されます。
年明けから節分までの期間に厄を祓い、心も身体も晴れやかな一年となりますことをご祈願申し上げます。

〔平成29年 厄年一覧〕
 男性
  厄年 25歳 平成5年生まれ(とり)
  前厄 41歳 昭和52年生まれ(み(へび)) 
  本厄 42歳 昭和51年生まれ(たつ)
  後厄 43歳 昭和50年生まれ(う(うさぎ))
  厄年 61歳 昭和32年生まれ(とり)
 女性
  厄年 19歳 平成11年生まれ(う(うさぎ))
  前厄 32歳 昭和61年生まれ(とら)
  本厄 33歳 昭和60年生まれ(うし)
  後厄 34歳 昭和59年生まれ(ね(ねずみ))
  厄年 37歳 昭和56年生まれ(とり)
 ※年齢は数え年

〔御祈祷〕
・新年1月1日の午後より厄除祈願の御祈祷を受付致します。節分(2月3日)までの期間にご来社ください(節分以降も厄除御祈祷は可能です)。
・事前にお電話でご予約をお願い致します。
・厄年に当たるご本人がお詣りできない場合は、ご代理の方がご来社いただいても結構です。
・ご祈祷のお時間:約20分間。
・ご祈祷の受付時間:午前10時〜午後3時。

〔御下がり〕
・御守
・御神矢(破魔矢)
・干支大絵馬
・撤饌
など

〔初穂料〕
 8千円 お納めいただいております 

〔申込方法〕
・お電話にてご予約をお願い致します。
 氏名、生年月日、電話番号をお伝えください。
 八大神社社務所電話:075-781-9076
・御祈祷の当日、社務所にてご住所等の詳細をご確認致します。

〔駐車場〕
・鳥居を進入し、神社境内に駐車可能です。但し元日は、境内進入不可の為、鳥居の東側(鳥居を超えて左側)の駐車場をご利用願います。

御祈祷

御祈祷02八大神社では、初宮参りや七五三参り・厄年祓いなどの人生儀礼の御祈祷や、合格必勝・家内安全・交通安全などの御祈祷を、鎮守の森に囲まれた神社御本殿にて厳かにご奉仕致します。




御祈祷03御祈祷の内容
初宮参り 七五三参り 厄年祓い 家内安全 交通安全 自動車のお祓い 安産祈願 合格祈願 必勝祈願 家運隆昌 社運隆昌 工事安全 転宅安全 など
その他、様々な御祈願を行いますので、お気軽にご相談下さい


御祈祷01御祈祷のお申込み
事前にお電話もしくはFAX/e-mailにて御祈祷をご希望される日時をご連絡ください。
ご連絡先 お問い合わせ




結婚式

結婚式03八大神社では、数ある人生儀礼の中でも最も晴れやかな人生の節目であるご婚礼の祭典のお申込みを受け付けております。派手ではありませんが、自然に囲まれた御神前で、神道による厳粛な結婚式をご奉仕し、お二人の門出をお祝い致します。



結婚式01御神徳
御祭神である素戔嗚命(スサノオノミコト)は、出雲において稲田姫と劇的なめぐり会いをされて結婚されたことから「縁結びの神」としても信仰が厚いです。




結婚式02神前結婚式のお申し込み
事前に神社社務所にお越しいただくくか、お電話もしくはFAX/e-mailにて、ご希望される日時をご連絡ください。
ご連絡先 お問い合わせ
※事前に御本殿のご見学も可能です。



出張祭

八大神社では、地鎮祭など建築に関する祭典や清祓などについて、神職がその場所にお伺いしてご奉仕致します。

出張祭01御神徳
八大神社は、古来より「北天王(北の祇園)」とも称せられ、皇居守護神十二社中の一つになっています。都の東北隅、表鬼門に位置しており、方除け、厄除けの神として信仰されています。
方除


出張祭03出張祭の例
地鎮祭 上棟祭(棟上げ式) 竣工祭 清祓 井戸祓い 樹木伐採式 増改築清祓  除幕式 進水式 ふいご祭(火入れ式) など


出張祭のお申し込み
事前にお電話もしくはFAX/e-mailにて、祭典をご希望される日時をご連絡ください。
ご連絡先 お問い合わせ

出張祭02建築に関する祭典(地鎮祭・上棟祭・竣工祭・増改築清祓など)については、施工者(工務店、住宅メーカーなど)を通じてお申込みいただいても結構です。尚、祭典の神饌(お供え物)は神社にてご用意し、祭具を持ってその場所までお伺いいたします。




神葬祭・御霊祭

神葬祭(神式で行うお葬式)・御霊祭り(亡くなった方のお祭り、10日祭・50日祭・100日祭・年祭など)をご奉仕致します。