令和元年8月7日 夏越大祓

午後7時半より、夏越大祓(なごしおおはらい)の神事が斎行されました。この神事は当社で年二回執り行う大祓(おおはらい)神事の一つであり、日々の生活の中で「枯れてきた気」=「けがれ」を元に戻し、知らぬ間に「犯してしまった過ち」=「罪」を祓い、清浄な身体に充実した気を満ち溢れさせ、清々しく過ごせるよう皆様から奉納された人形(ひとがた)を焼き上げます。


nagoshi_r10807_01.JPG nagoshi_r10807_02.JPG
御本殿での祭典に続き、境内の斎庭(ゆにわ)に場所を移し、大祓神事が執り行われます。


nagoshi_r10807_03.JPG nagoshi_r10807_04.JPG
大祓詞(おおはらいことば)奏上の後、宮座、氏子役員、一般の参列の方々が順番にお祓いを受けます。


nagoshi_r10807_05.JPG nagoshi_r10807_06.JPG
一乗寺地区にお住まいの氏子の皆さんと神社社頭でお申し込みになられた方から奉納された、名前と年令を記し息を吹きかけ身体を撫でられた「人形(ひとがた)」の焼き上げが宮座座員によって行われ、滞りなく神事が納められました。
次回は、2月3日に節分大祓神事が斎行されます。