平成27年5月5日 下一乗寺 氏子祭(神幸祭)

下一乗寺地区(一乗寺の西方面地域:修学院第二小学校学区)の氏子祭が、5月5日の朝から執り行われました。
※写真画像はクリックすると大きく表示されます


shimoichi_h270505_01.jpg shimoichi_h270505_02.jpg
午前8時半より下一乗寺地区の御旅所である地蔵本公園に於いて、祭礼の参加者が集合し神幸祭の祭典が執り行われ、それに続き神幸列が順次出発します。
揃いのハッピや衣装を着た子供達が元気に巡行路を歩きます。

shimoichi_h270505_03.jpg shimoichi_h270505_04.jpg
美しい冠を被った可愛らしい稚児行列は神幸列の中でも特別華やかです。
子供達の行列は多くの世話役の大人や保護者の皆さんに助けられながら楽しく巡行し、特に子供神輿には多くの子供達が参加しています。

shimoichi_h270505_05.jpg shimoichi_h270505_06.jpg
神幸列の先頭をひときわ注目を集める露祓いの猿田彦が進み、その後ろに五色の紙のサンヨレほうきや小型の剣鉾が続きます。囃子方は一所懸命太鼓と鉦を奏し祭を盛り上げ進みます。

shimoichi_h270505_07.jpg shimoichi_h270505_08.jpg
華やかな女神輿は威勢良く楽しく担がれ、各所で喝采を集めます。高野の交差点では正午頃男神輿と共に勇壮に担ぎ動かされます。

shimoichi_h270505_09.jpg shimoichi_h270505_10.jpg
午後1時半頃からの還幸祭を経て、御神輿は神社に向け進みます。下り松の一の鳥居をくぐり、最後の急坂を上がりきり神社に神輿が納められます。
女性だけで道中を全て担いで巡行する、下一乗寺女衆による女神輿は、京都でも数少ない貴重な存在です。

shimoichi_h270505_11.jpg shimoichi_h270505_12.jpg
若中組下一神輿会が中心となって構成された男神輿も、広い下一乗寺地区を北に南に力強く巡行します。

shimoichi_h270505_13.jpg shimoichi_h270505_14.jpg
高野の交差点では多くの屈強な担ぎ手による勇壮な差し廻しが披露されます。

shimoichi_h270505_15.jpg shimoichi_h270505_16.jpg
御旅所での還幸祭の祭典が執り行われた後、御神輿は神社に向け還御します。
神社に向かう急坂を担ぎ手が入れ替わりながら、大きな掛け声と共に御神輿を力強く上下に振り進む姿は迫力満点です。

shimoichi_h270505_17.jpg shimoichi_h270505_18.jpg
境内に入っても力の限り御神輿は担がれ、上下に振られ、そして差し上げられます。
そして御神輿は最後に社殿の前に安置され、宮座師匠によって御分霊が御本殿に遷され、本年度の大祭が立派に納められました。