平成28年3月29日 陽春の草花〜薄墨桜〜

h280329_01harunotayori.jpg h280329_02harunotayori.jpg
今年も御本殿の西側にある「薄墨桜(うすずみさくら)」の美しい花が咲きはじめました。ソメイヨシノよりも少し小ぶり花が可愛らしく咲いています。左写真は参道から、右写真は下り松古木を祀る旧本社を側から、それぞれ撮影。
咲き始めは薄いピンク色で、そこから真っ白となり、散る時にほんのりと薄い墨色に、花の色が変化する事が名前の由来です。


h280329_03harunotayori.jpg h280329_04harunotayori.jpg
枝先が中心で木全体には咲きませんが、植樹から20年ほどが経ち、年々咲く花の数は増えているようです。
また、境内に数株植わっている「沈丁花(じんちょうげ)」も咲き、芳醇な香りが楽しめます。