平成28年2月3日 節分祭 厄除祓神事

2月3日午後7時より、節分祭「厄除祓(やくよけはらい)神事」が行われました。
この神事は当社で年二回執り行う大祓(おおはらい)神事の一つであり、日々の生活の中で「枯れてきた気」=「けがれ」を元に戻し、知らぬ間に「犯してしまった過ち」=「罪」を祓い、清浄な身体に充実した気を満ち溢れさせ、清々しく過ごせるよう皆様から奉納された人形(ひとがた)を焼き上げます。


setubun_h280203_01.jpg setubun_h280203_02.jpg
御本殿での祭典に続き、忌竹を立て注連縄の掛けられた斎庭(ゆにわ)が造られた境内に参列者が東西に着座し、祓い清めが執り行われます。その後、氏子崇敬者が氏名年齢を記し息を吹きかけ身体を撫で奉納された人形(ひとがた)が、宮座座員によって焼き上げられます。


setubun_h280203_03.jpg setubun_h280203_04.jpg
この一年間で神社に納められた沢山の古い御札、御守、絵馬、御神矢等が、人形に続いて焼き上げられ、斎場に大きな火柱があがり、参列者は静かに火を囲みます。
次に大祓神事が行われるのでは、約半年後の8月7日夜に夏越大祓(なごしおおはらい)であり、ご奉納された人形の焼き上げが行われます。