八大神社 御朱印、御朱印帳ご案内

当社の御朱印および御朱印帳をご紹介致します。
御朱印は社務所にて受け付けております。ご参拝のおしるしとしてお受け下さい。尚、稀に祭事等で神職不在の場合は、書かれた御朱印を授与致します。
※写真画像をクリックいただくと大きく表示されます

hachidaijinjya_goshuin.jpg
御朱印
・社名の角印、御神紋と共に、当社ゆかりの剣聖宮本武蔵の姿が押印された御朱印。
・初穂料300円


hachidaijinjya_tokubetsugoshuin.jpg

特別御朱印〜祭礼〜
・当社の歴史祭礼を知っていただく為、見開き二頁に渡り墨書き押印された特別御朱印。
・御神号「八大天王(はちだいてんのう)」
明治以前に当社は「八大天王社」と称され、現在も剣鉾の神額などには「八大天王」と記されている。
印影は、江戸期の漢詩の大家であり隣接する詩仙堂を造営した「石川丈山」筆の、神社に寄贈された扁額の隷書体(れいしょたい)文字である。
・御神輿(おみこし)
5月5日の大祭に、屈強な神輿舁きによって担がれ氏子地域を巡行する伝統の八角形の御神輿。古く山王日吉大社より、一乗寺の神輿舁きの長年の奉仕に対し譲り受けた御神輿とも伝わる。
・剣鉾(けんぼこ)
祭礼の先導を務め悪霊を鎮める祭具であり、祇園祭の山鉾の原型ともいわれる。長く重い祭具が高い技術によって差し上げられ進み、剣の部分を大きくしならせ、鈴を美しく鳴り響かせる。八大神社の剣鉾は、五月五日の大祭の際、菊鉾、龍(りょう)鉾、柏鉾の三基が差され、京都市無形民俗文化財にも指定されている。
・御神紋(ごしんもん)
当社をより深く知っていただく為の特別な御朱印である事から、御神紋(左三巴と木瓜)を金色で押印致します。
「特別御朱印〜祭礼〜」の頒布について
・午前9時〜午後5時、社務所にて筆書き押印致します。見開き二頁に渡る御朱印の為、お時間を頂戴致します事を予めご了承願います。
・現在のところ年間を通じ頒布予定ですが、社務所状況により頒布を制限、中止する場合が御座います事をご了承願います。
・初穂料500円


当社が会員となっております、京都洛北地域の寺院・神社の会「京都洛北・森と水の会」(会員社寺30社寺)に於いて、以下の「ご朱印巡り」という企画を行っておりますので、ご興味のある方は是非ご参加下さいませ(リーフレット無料配布)。
京都洛北・森と水の会「ご朱印巡り」




goshuinchou_nishurui.jpg
御朱印帳
当社5月の氏子祭(大祭)にて執り行われる「剣鉾差し(けんぼこさし)」の三基の剣鉾が、美しい織で描かれ(表紙:龍鉾りょうほこ、裏表紙:右 菊鉾、左 柏鉾)、あわせて当社の御神紋と武蔵に因んだ二刀や松の絵柄が入っております。
八大神社の剣鉾 詳細
5月氏子祭の様子 平成26年 平成25年
goshuinchou_kimidori.jpg goshuinchou_momo.jpg
・色 薄黄緑色と薄桃色の二色
・寸法 縦16cm × 横11.2cm
・その他 ビニールカバー付き
・初穂料 1,200円


社務所受付 午前9時〜午後5時
御朱印帳に関し、ご遠方等でご参拝が難しい方でご希望の方は社務所までお問い合わせください。
お問い合わせ