平成26年8月31日 八朔祭・鉄扇音頭踊り奉納

午後8時より、八朔祭(お千度)ならびに鉄扇音頭踊りの奉納が執り行われました。
鉄扇音頭とは、京都洛北地域一帯に残る江戸中期が起源の、歴史のある盆踊りです。
現在、一乗寺の鉄扇音頭踊りは、京都市無形文化財に指定され、一乗寺郷土芸能保存会の皆さんにより、保存・継承活動が行われています。

hassaku_h260831_01.jpg hassaku_h260831_02.jpg
御本殿での祭事が執り行われ、御本殿の周りを参列者が三周歩く「お千度」も併せて行われます。

hassaku_h260831_03.jpg hassaku_h260831_04.jpg
参集殿での直会に続き、午後9時前頃から、鉄扇音頭並びに踊りのご奉納が、櫓(やぐら)の建てられた境内で行われます。
良いお天気で、それ程暑くもなく、過ごしやすい中で、古くからこの一乗寺の地で継承されている独自の盆踊りが披露されます。

hassaku_h260831_05.jpg hassaku_h260831_06.jpg
一乗寺鉄扇は楽器を用いず、音頭取りのゆっくりとした唄に合わせ、踊り子がゆったりとしたテンポで踊ります。踊りの終盤では、ご見学に来られていた一般の方々も踊りの輪に加わり、愉しい夜となりました。