平成26年8月7日 夏越大祓

nagoshiooharai_h260807_01.jpg nagoshiooharai_h260807_02.jpg
午後7時半より、夏越大祓(なごしおおはらい)の神事が斎行されました。
「大祓(おおはらい、おおはらえ)」とは、日々の生活の中で「枯れてきた気」=「けがれ」を元に戻し、 知らぬ間に「犯してしまった過ち」=「罪」を祓う神事であり、当社では、半年毎(二月三日と八月七日)にこの大祓神事を執り行っております。
一乗寺地区にお住まいの氏子の皆さんと神社社頭でお申し込みになられた方から奉納された、名前と年令を記し息を吹きかけ身体を撫でられた「人形(ひとがた)」が、境内に設営された斎場で焼き上げられ、神事がめでたく納められました。