平成19年4月25日 祭礼に向けての練習が始まりました

4月23日より鉾差しの皆さんによる剣鉾の集中練習が始まり、25日より宮座の下座の皆さんによる奉幣鉦・太鼓(ほうへいかね・たいこ)の練習が始まりました。
5月5日の祭礼本番に向け、これから毎晩練習が行われます。
鉦・太鼓の賑やかな音と、鉾の冴えた金属性の高い音が、一乗寺の里に響き渡ります。

剣鉾について
宮座について

junkou-chizu-01-kamiichijoji.jpg5月5日(土・祝)の氏子祭(神幸祭)巡行経路図(上一乗寺)。
画像をクリックすると大きく表示されます。







saireirenshuu_h190425_01.jpg saireirenshuu_h190425_02.jpg
足の運びや、棹(さお)と体のバランス、鈴(りん)の振り方・当て方等、熱心な練習が続きます。剣鉾の練習は、冬季を除き年間を通して行われていますが、祭礼に向け毎晩集中的に行われます。
剣鉾は、5月5日の氏子祭(神幸祭)の神幸列の先頭を巡行します。「龍鉾」「菊鉾」が大人神輿の経路を先導し、「柏鉾」が子供神輿の経路を先導します。それぞれの経路と大まかな時間帯は、上記の経路図をご確認願います。


saireirenshuu_h190425_03.jpg saireirenshuu_h190425_04.jpg
鉦・太鼓の打ち方、調子の合わせ方等について、毎晩熱心に練習し、本番に向け完成度を高めていきます。
奉幣鉦・太鼓の奉納は、上一乗寺集会所にて5月5日の12時半より行われるの奉幣式にて執り行われます。
 上一乗寺集会所(京都市左京区一乗寺燈籠本町26)
 →場所はこちらの地図をご参照願います。
5月5日当日は、上記の巡行経路図の「@北薬師堂」「C南薬師堂」「D下り松」でも、奉幣鉦・太鼓を観る事できます(時間は大人神輿到着後です)。
また、5月3日夜8時からの宵々宮ミニコンサートの際にも、奉幣式本番同様の鉦・太鼓が観て頂ける予定となっています。