平成26年5月5日 下一乗寺 氏子祭(神幸祭)

下一乗寺地区(一乗寺の西方面地域:修学院第二小学校学区)の氏子祭が、5月5日の朝から執り行われました。


h2605005_shimoichi_01.jpg h2605005_shimoichi_02.jpg
下一乗寺地区の御旅所である地蔵本公園に、祭礼の参加者が集合し、宮司以下宮座祭員を迎え、神幸祭の祭典が午前8時半より執り行われます。神事の後、神幸列が整えられ、小さい子供による稚児行列や、お囃子や子供神輿などの子供達、女神輿、そして男神輿が、順次神幸路に向かって出発します。


h2605005_shimoichi_03.jpg h2605005_shimoichi_04.jpg
生憎の雨模様でしたが、各御神輿と神幸列はビニールのシートなどで対策し、年に一度のお祭りをやり遂げるべく、多くの方々の協力で巡行が執り行われました。
女神輿は威勢良く楽しく担がれ、各所で喝采を集めます。女性だけで道中を全て担いで廻る、下一乗寺の女衆による女神輿は、京都でも数少ない貴重な存在です。


h2605005_shimoichi_05.jpg h2605005_shimoichi_06.jpg
巡行は、三ヶ所の公園での休憩を挟み、広い下一乗寺地区を北に南に進みます。そして正午頃、男神輿と女神輿が、高野交差点(北大路通り東大路通り交差点)に入り、若中組下一神輿会役員を中心に、青年部や他の神輿会の皆さん等、大変多くの皆さんの担がれた男神輿が力強く勇壮な神輿差し廻しを披露します。


h2605005_shimoichi_07.jpg h2605005_shimoichi_08.jpg
午後1時半から御旅所にて還幸祭が執り行われ、神幸列は白川通りを超え下り松の一ノ鳥居を通り神社に還御します。再び提灯の取り付けられた男神輿は、要所要所で迫力のある差し上げが行われ、勇ましく神社に向かいます。


h2605005_shimoichi_09.jpg h2605005_shimoichi_10.jpg
御神輿は最後まで勢いを落とさず厳しい上り坂を進み神社まで担がれ、境内でも最後の力を振り絞り、何度も担ぎ動かされます。
そして、午後2時半頃に御本殿の前に、三基の御神輿が安置され、宮座師匠により御神体が御本殿に戻され、下一乗寺の大祭がめでたく納められました。