平成24年5月5日 一乗寺住宅自治会 氏子祭(神幸祭)

一乗寺住宅自治会地区(一乗寺の西北方面地域)の氏子祭が、5月5日の朝から執り行われました。
※各写真画像は、クリックすると大きく表示されます。


ujikosai_jyuutakujichikai_h24_0505_01.jpg ujikosai_jyuutakujichikai_h24_0505_02.jpg
朝、一乗寺住宅自治会地区の皆さんにより現在維持管理されている、大変古い歴史を持つ柊社(ひいらぎしゃ)にて、神事が執り行われ、氏子祭がはじめられます。柊社には、立派な狛犬(こまいぬ)と北西側の鳥居が、祭礼の前に新たにご奉納され、建立されました。

ujikosai_jyuutakujichikai_h24_0505_03.jpg ujikosai_jyuutakujichikai_h24_0505_04.jpg
様々な色とりどりの花で飾られた美しい花神輿が、子供達によって担がれ、元気に楽しく地域を巡行します。地域の大人の皆さんのご協力よって、子供達が安全で楽しく巡行することが出来ます。

ujikosai_jyuutakujichikai_h24_0505_05.jpg ujikosai_jyuutakujichikai_h24_0505_06.jpg
地域の女性の皆さんが、沢山の五色の紙を組み合わせて折り、紐でくくり作られた、サンヨレ箒(ほうき)も、元気に振られ巡行します。自治会の会長役員は、羽織袴や裃(かみしも)の姿で神幸列を歩き、地域の皆さんを訪ねます。

ujikosai_jyuutakujichikai_h24_0505_07.jpg ujikosai_jyuutakujichikai_h24_0505_08.jpg
神幸列並びに御神輿は、柊社を出発した後、四つの町内のうちの午前中に青城町と松田町を、午後に柳ヶ坪町と清水町を隈なく巡行し、大人神輿のみ神社に遷御します。
大人神輿は、多くの熱い担ぎ手により力強く担がれ、各家々やお店の前では、宙に浮く勢いで高く差し上げられ、皆さんから喝采を受けます。