平成23年5月5日 氏子祭(神幸祭) 午前中

5月5日、八大神社の年に一度の大祭が、多くの皆さんの力によって盛大に執り行われました。
以下、午前中の祭事の模様をお伝えいたします。
※各写真画像は、クリックすると大きく表示されます。


ujikosai_h23_05_05_01.jpg ujikosai_h23_05_05_02.jpg
午前8時前に、昨日作られた「おのれ餅」と「御供(ごく)」を神前にお供えする朝御供祭が、神社にて執り行われます。
そして、そのあと午前8時半より、下一乗寺地区の御旅所である地蔵本公園にて、御神輿ならびに神幸列が巡行に出発するにあたり、神幸祭の祭典が執り行われます。
そして祭典の後、午前9時頃より、神幸列ならびに御神輿が威勢をあげて順次出発致します。


ujikosai_h23_05_05_04.jpg ujikosai_h23_05_05_03.jpg
白川通の西側のエリアの下一乗寺地区(修学院第二小学校学区)を、北に南に賑やかにそして勇壮に、社旗を先頭に神幸列と御神輿が巡行します。
多くの屈強な男衆の協力によって担がれた男神輿は、要所要所で力強く担ぎ動かされ、勇ましく差し上げられ、その光景は大変な迫力で、各所で大きな喝采を浴びます。


ujikosai_h23_05_05_05.jpg ujikosai_h23_05_05_06.jpg
午前中の巡行は、三ヶ所の公園での休憩を挟み、広い下一乗寺地区を隈なく進み、お昼12時20分頃御旅所に戻ります。
小学生の稚児行列や子供神輿も、世話役の地域の大人の方々や保護者の皆さんに助けられながら、長い道中を一生懸命、元気よく、進みます。
女神輿も威勢良く楽しく担がれ巡行します。女性だけで道中を全て担いで廻る、下一乗寺の女衆による女神輿は、京都でも数少ない貴重な存在です。



ujikosai_h23_05_05_09.jpg ujikosai_h23_05_05_10.jpg
一乗寺住宅自治会地区の祭礼のはじまりの神事は、午前9時より柊社(ひいらぎしゃ)にて執り行われます。大人神輿と花神輿が並び、お祭りに参加される皆さんが柊社の境内に集合し、順番に御拝礼し、祭礼が開始となります。
子供達は、花神輿を担ぎ、またサンヨレ箒(ほうき)を持ち、地域の大人の方々ご協力により、元気に楽しく巡行します。


ujikosai_h23_05_05_7.jpg ujikosai_h23_05_05_08.jpg
神幸列並びに御神輿は、柊社を出発した後、四つの町内のうちの青城町と松田町を、午前中に巡行し、正午に昼食休憩場所である、ひいらぎ公園(児童公園)に入ります。
自治会役員は地域の各家々を訪ねます。そして、多くの皆さんの熱い力で担がれ行列の最後を行く大人神輿も、各家々の前で勇ましく担ぎ上げられ、御神輿が宙に浮く勢いで、大きく激しく差し上げられます。