平成23年5月4日 宵宮祭

yoimiya_h23_05_04_01.jpg yoimiya_h23_05_04_02.jpg
午後6時半より下一乗寺の宵宮祭が執り行われました。
男衆による「鐶(かん)まわし」が神社に到着した後、男神輿、女神輿、子供神輿、の三基が御本殿の前に運び上げられ、御本殿内に各代表者が参列し、御神体を御神輿にお移しする御霊移しの神事が、厳粛に執り行われました。
境内には多くの神輿の担ぎ手や子供達の活気に溢れ、大変賑やかです。そして、灯りの点った美しい御神輿が順次御旅所(地蔵本公園)に向かって、威勢良く出発していきました。


yoimiya_h23_05_04_03.jpg yoimiya_h23_05_04_04.jpg
下一乗寺に続き、上一乗寺の宵宮祭が午後8時より執り行われました。代表者が御本殿内に参列し、境内の明かりが消され静寂の中、御霊移しの神事が厳粛に執り行われ、その後、宮座下座一番長・二番長により、鳳凰が大人神輿、子供神輿に取り付けられます。
そして、まず子供神輿が元気よく出発し、その後、宮座と神輿奉賛会の皆さんに担がれた大人神輿が、神社境内で東に西に勇ましく担ぎ動かされた後、巡行路に向け出発しました。


yoimiya_h23_05_04_05.jpg yoimiya_h23_05_04_06.jpg
所々にかがり火の焚かれた巡行路を、多くの見物の方々からの拍手喝采をいただきながら、灯りの点された美しい神輿が闇夜を勇壮に巡行しました。
二基の御神輿は、下り松から旧街道をまず北に進み、折り返して今度は南に進みます。そして下り松まで戻り、そこから傾斜のきつい上り坂を、担ぎ手が力をあわせ登り、神社に戻ります。
御神輿が拝殿に安置された後、御神輿の神前に神饌が供えられ、拝礼を執り行われ、宵宮祭がめでたく無事にお納めされました。