湯立祭

湯立夏-1古代の盟神探湯 【くがたち】 という、神明裁判の一つと関係のある禊の一種です。事の真偽正邪を裁くため、熱湯を探って神に誓いをたて、正しいものはただれず、邪(よこしま)なものはただれとします。神前でお湯を沸かし、巫女がその熱湯に笹の葉を浸して自分の身にふりかけたり、参拝人にふりかけたりして、神の託宣を得るものといわれています。 八大神社では夏と秋の年二回、湯立祭が行われます。


湯立夏-2