平成22年11月3日 七五三詣祭

髪置 【かみおき】 ・ 袴着 【はかまぎ】 ・ 帯解 【おびとき】 御供祭 (七五三詣祭)が、執り行われました。一乗寺では、毎年11月3日に、子供の健やかな成長を感謝して、氏神さまに七五三詣をして祝う習慣が続いています。

753_h22_11_03_01.jpg 753_h22_11_03_02.jpg
午前9時半より、宮座の皆さんが蒸したもち米を固めて造った御供(ごく)を、本社・末社にお供えする、御供(ごく)祭が行われ、その後、午前10時頃より、ご来社頂いたお子様方の七五三詣のお祭りが、順次執り行われます。
お祭りには、宮座の座員と各地区の氏子総代が列席し、巫女さんによるお祝いの神楽舞の奉納が行われます。
お天気にも恵まれ、たくさんの着飾った元気なお子さん達が境内に溢れ、大変賑やかな一日となりました。