平成22年4月29日 上一乗寺 祭礼に向けての準備作業

5月4日の宵宮祭、5月5日の氏子祭(神幸祭)に向けての上一乗寺地区の準備作業が、4月29日に行われました。


taisaijyunbi_h22_4_29_02.jpg taisaijyunbi_h22_4_29_01.jpg
午前中、消防団の皆さんにより、御神燈建て、各御旅所への砂盛り、剣鉾を立てる櫓(やぐら)の設置作業が行われます。
宮座の督殿(こどの)以下5名と師匠により、各鳥居・各御旅所・本殿等に注連縄や忌竹が飾られます。
氏子会役員は祭礼に際して特別寄附を頂いた法人・個人名の札を参道に掲示し、その後、注連縄の架け替え作業の手伝いなどを行います。


taisaijyunbi_h22_4_29_03.jpg taisaijyunbi_h22_4_29_04.jpg
午後から宮座の上座の皆さんにより、神輿飾りの作業が行われます。
境内では、祭礼に参加する子供の剣鉾差しの練習が、大人の剣鉾差しの皆さんの指導のもと行われます。



taisaijyunbi_h22_4_29_06.jpg taisaijyunbi_h22_4_29_05.jpg 
宮座の下座の皆さんは、神事列書(しんじれつがき、神幸列の順番を墨書きしたもので、祭礼開始時に読み上げられる)を書く担当、下り松の注連縄を造り・架け替える担当、巡行路・御旅所の清掃及び確認を行う担当等に分かれ、夕方まで作業を行います。


taisaijyunbi_h22_4_29_07.jpg taisaijyunbi_h22_4_29_08.jpg
御神輿に白棒を固定する作業は、手鉤(てかぎ)や木槌を使って行われ、しっかりと締められ固定されます。太鼓の担ぎ棒も、昔から宮座に継承されてきた結び方で固定されます。
多くの方々にご協力いただき、午後6時半頃に祭礼の準備作業が終わりました。