平成21年12月13日 注連縄(しめなわ)造り

お正月前に架け替えられる神社の各箇所の注連縄と、お正月飾りに使われる注連縄を造る作業が終日にわたり行われました。作業には、宮座および宮座OB(巴会)の方々と、一乗寺の各地域の方々(上一乗寺・下一乗寺・一乗寺住宅自治会)に多数お集まり頂きました。


shimenawa_h21_12_13_01.jpg shimenawa_h21_12_13_02.jpg
神社の各箇所に飾る細い垂れの注連縄や、御本殿の前や鳥居にかける太い大きな注連縄が、分担されて造られていきます。


shimenawa_h21_12_13_03.jpg shimenawa_h21_12_13_04.jpg
12月の大変忙しい時期に関わらず、多くの皆さんに集まって頂いたお陰で、作業がとても迅速に進みました。


shimenawa_h21_12_13_05.jpg shimenawa_h21_12_13_06.jpg
造りあがった注連縄は、綺麗に切り揃えられます。注連縄の架け替えは、年末の12月29日に行われます。
午後からも宮座の皆さんにより、お正月飾りを造られました。