平成21年7月 「勝守」のご紹介

kachimamori_h21_7_02.jpg  kachimamori_h21_7_03.jpg
「下り松(さがりまつ)古木」の木片の一部の入った、必勝開運の御守「勝守(かちまもり)」を、社務所にて授与致しております。
初代一乗寺下り松の古木は、剣聖宮本武蔵と吉岡一門の決闘を見守り、戦国時代から江戸時代、明治・大正を生きてつい昭和の初めまで、ゆうに四百年もの間を命長らえた尊い松です。この「勝守」は、その古木の霊験と吉相に謹んであやかり、授与させて頂いている稀少な御守です。

kachimamori_h21_7_01.jpg
「勝守」は、ストラップの紐の付いた小さい御守です。
 大きさ:御守部分(縦45mm*横25mm)、紐部分(長さ85mm)
 初穂料:500円