令和元年11月「勝守」新色ご案内

kachimamori_2c_r011118.JPG kachimamori_6c_r011118.JPG



何事にも打ち勝つという勝ち運のご利益で多くの皆様にお受けいただいております当社「勝守(かちまもり)」について、新しい色の御守を奉製し頒布を開始しました。
新色は、多くの皆様からご要望いただいておりました「緑色」と、白星を意味する「白色」の2色となります。
当社所縁の剣聖宮本武蔵と吉岡一門が決闘した当時の一乗寺下り松(さがりまつ)古木の木片の一部を御守としている大変希少な授与品となります。
・色:六色 赤黒/紺黒/白色/緑黒/薄紫水玉/薄桃水玉
・寸法 縦4.5cm × 横2.5cm
・初穂料 600円

令和元年11月「旅行安全守」頒布開始ご案内

ryokou_anzen_omote_01.jpg ryokou_anzen_ura_01.jpg

この度新たに「旅行安全守」を奉製し頒布を開始しました。
表面には二刀を構えた剣聖宮本武蔵、日本地図、裏面には神社名、世界地図が織で描かれております。
諸国を旅した宮本武蔵にあやかり、皆様の旅路の安全をご祈願した御守となります。

・色:二色 紺色/赤色
・寸法:直径4.5cm 紐の長さ8cm
・初穂料 600円

令和元年11月14日 新嘗祭

niinamesai_r1_1114_01.JPG niinamesai_r1_1114_02.JPG

11月14日午前10時より新嘗祭が斎行されました。
例年は11月23日に執り行われる祭事ですが、本年は天皇陛下の最高の重儀である「大嘗祭」御斎行あわせて、当社の新嘗祭を執り行いました。
氏子の皆様から奉納された初穂の御供米とそれに代わる金一封、また白酒と黒酒(大嘗祭にあわせて特別に献上)、頒布始めの神宮大麻・神社御神札などが御神前に供えられました。
宮座、氏子総代ならびに役員が参列し、滞りなく祭事が納められ、直会では黒酒が振舞われました。

令和元年「剣鉾展示」ご案内

kenboko_tenji_r1_11_01.JPG kenboko_tenji_r1_11_02.JPG

本年も神社境内の拝殿にて、5月5日の八大神社氏子祭(大祭)において御神輿を先導し、卓越した技術によって差される祭具「剣鉾(けんぼこ)」を展示を行っており、無料でご自由に見学可能です。
展示は、龍(りょう)鉾、菊鉾の二基で、二つの鉾の吹散、龍鉾の棹も合わせてかざり、また、剣鉾差しの写真や解説資料もパネル展示しております。
ご参拝の際、また紅葉の時期と重なりますのでご散策の折に、是非ご見学ください。展示は12月上旬(12月7日頃)までの予定です。

剣鉾とは

令和元年度 七五三詣ご案内

annai753_30_01.JPG annai753_30_02.jpg

〔七五三詣〕 
七五三詣りは、お子さまの成長と健康を神様に感謝し、さらに今後の健やかな成長を祈願する大切な儀式です。
男の子は、三歳・五歳、女の子は、三歳・七歳、にお詣りします。
数え年、満年齢どちらで参拝されても結構ですので、それぞれの年齢に達した節目を、ご家族皆様でお祝いし是非お詣り下さい。
受付期間は、基本的に11月中となりますが、10月、12月のお詣りも可能ですのでお問い合わせ願います。
尚、11月3日(祝日)が、左京区一乗寺地域の七五三詣りのお祭りの日となります。巫女によるお神楽を行い、地域の代表の方々も参列されている中でご祈祷をお受けいただけますので、ご都合がよろしければ是非その日にお詣りください(受付:午前10時〜午後3時)。

 令和元年の七五三詣り
 ・七歳(帯解) 平成25年(2013年)生まれ(女の子)
 ・五歳(袴着) 平成27年(2015年)生まれ(男の子)
 ・三歳(髪置) 平成29年(2017年)生まれ(男の子・女の子)
 ※上記は数え年です。満年齢でも受け付けております


〔御祈祷〕
・事前にお電話やメールフォームでご予約をお願い致します。原則一家族毎にご祈祷致します。※11月3日及び土日祝日でお詣りのお時間が重なる場合は、複数のご家族での祈祷となる場合もございます。
・ご祈祷のお時間:約20分間。
・ご祈祷の受付時間:午前10時〜午後3時。
・ご祈祷の際には神社参集殿(広間)をご利用いただけます(衣装のお直しやおむつ替え等ご自由にお使いください)。

〔御下がり〕
お子さまにお渡しするもの
・御守
・福笹(若竹を表す笹の枝に、短冊と紙風船をつけた縁起物)
・千歳飴
・記念品(文房具等)
・お菓子

〔初穂料〕
お子さま一人 5千円 お納めいただいております

〔申込方法〕
・お電話にてご予約をお願い致します。
 氏名、性別、年齢、電話番号をお伝えください。
 八大神社社務所電話:075-781-9076(午前9時〜午後5時)
メールフォームでもご予約可能です。
・お詣り当日、社務所にてご住所等の詳細をご確認致します。

〔駐車場〕
・鳥居を抜けて、神社境内に駐車可能です。
・駐車料金無料。

令和元年度「オータム コンサート」ご案内

autumnconcert_r1.jpg

境内での野外コンサートを今年も体育の日の10月14日(月・祝)に開催致します!
本年から「AUTUMN CONCERT(オータム コンサート)」という名称となり、また初めてトランペット奏者の方をお迎えします。
秋の夜 鎮守の杜に響く 心の歌と、ピアノとトランペットを調べを是非お楽しみください。
※画像をクリックするとコンサートポスターが大きく表示されます


■会場:八大神社境内

■開演:10月14日(月・祝)午後7時

■出演:シャンソン歌手 文太郎
   with ピアノ 藤井晴世 トランペット 牧原正洋

■入場料:1,500円(高校生以下無料)
    ※座席自由、入場料は当日お支払い願います。


・雨天時はテントを設営し開催する予定です。ただし、激しい雨や風が予想されるの場合は中止の予定です。
・夜の神社境内は大変冷え込む事がありますので、日中が暖かい場合も羽織るものなどをご準備願います。
・八大神社への交通アクセスはこちらをご確認ください。
・詳しいお問い合わせは、八大神社(電話:075-781-9076)までお願い致します。


文太郎 official website

令和元年9月「彩り御朱印 秋」頒布のご案内

irodorishuin_aki_r1.jpg

紅葉色の和紙に、10月の栗御供祭、11月の七五三詣の福笹が描かれた紙の御朱印の頒布(授与)を9月1日より始めました。

「彩り御朱印 秋」頒布について
・期間:令和元年9月から11月末まで
 ※奉製枚数に限りがある為、期間中でも頒布終了となる可能性があります事をご了承願います。
・初穂料:300円
・予め紅葉色の和紙に墨書き、押印した紙の御朱印(書置き御朱印)となります。


栗御供祭(くりごくさい)
10月初旬(第1日曜日もしくは土曜日)に斎行される、秋の実りに感謝し、重陽の節句をお祝いする神事。本社、皇大神宮社、各末社に、蒸したモチ米を円錐形に固めた御供(ごく)と栗と柿が宮座座員によってお供えされる。
同日には、鉄釜で沸かされた熱湯を空高く散らしながら振りかける「秋季湯立祭」も斎行される。
八大神社では神前に御供(ごく)をお供えする御供祭が、年間を通じ七回執り行われる。
栗御供祭の様子

七五三詣祭(しちごさんもうでさい)
十一月三日に「髪置(かみおき)・袴着(7はかまぎ)・帯解(おびとき)御供祭(ごくさい)」を斎行し、子供達の健やかな成長を感謝する。七五三詣の御祈祷は秋の時期を通じ執り行われる。
七五三詣の御祈祷を受けられた子供達には、御守や千歳飴などと共に、すくすく成長する若竹を示す笹に短冊と紙風船が結ばれた「福笹」が授与される。
七五三詣祭の様子

令和元年「八朔祭・鉄扇音頭奉納」ご案内

hassakusai_annai_r108.jpg

8月31日に八朔祭(お千度)並びに鉄扇音頭踊り奉納が執り行われます。

祭事:八朔祭(お千度)・鉄扇音頭踊り奉納
日時:8月31日(土)午後8時~
場所:八大神社 御本殿並びに境内


午後8時より御本殿にて八朔(はっさく)祭で執り行われ、宮司祝詞奏上に続き参列者が御本殿の周りを三周歩いて廻る「お千度(せんど)」を行います。その後直会をはさみ、午後8時半頃より境内にて鉄扇(てっせん)音頭踊りの奉納が一乗寺郷土芸能保存会の皆さんにより行われます。
鉄扇音頭とは京都洛北地域一帯に残る江戸中期が起源の歴史のある盆踊りであり、一乗寺鉄扇音頭踊りは京都市無形文化財にも指定されています。
どなたもご自由にご見学いただけ、またお千度の神事には参加もいただけますので、是非ご参集下さいませ。

令和元年8月7日 夏越大祓

午後7時半より、夏越大祓(なごしおおはらい)の神事が斎行されました。この神事は当社で年二回執り行う大祓(おおはらい)神事の一つであり、日々の生活の中で「枯れてきた気」=「けがれ」を元に戻し、知らぬ間に「犯してしまった過ち」=「罪」を祓い、清浄な身体に充実した気を満ち溢れさせ、清々しく過ごせるよう皆様から奉納された人形(ひとがた)を焼き上げます。


nagoshi_r10807_01.JPG nagoshi_r10807_02.JPG
御本殿での祭典に続き、境内の斎庭(ゆにわ)に場所を移し、大祓神事が執り行われます。


nagoshi_r10807_03.JPG nagoshi_r10807_04.JPG
大祓詞(おおはらいことば)奏上の後、宮座、氏子役員、一般の参列の方々が順番にお祓いを受けます。


nagoshi_r10807_05.JPG nagoshi_r10807_06.JPG
一乗寺地区にお住まいの氏子の皆さんと神社社頭でお申し込みになられた方から奉納された、名前と年令を記し息を吹きかけ身体を撫でられた「人形(ひとがた)」の焼き上げが宮座座員によって行われ、滞りなく神事が納められました。
次回は、2月3日に節分大祓神事が斎行されます。

令和元年「野菜即売会」ご案内

sokubaikai_annai_R10602_02.jpg sokubaikai_annai_R10602_01.jpg

6月16日(日)午後1時過ぎより、一乗寺農業会の皆さんに持ち寄っていただいた野菜を販売する、「野菜の即売会」を、八大神社境内にて行います。例年は7月13日に行っておりましたが、本年はお野菜をより多く持ち寄っていただける時期にあわせ、6月16日に開催する事になりました。
当日は、午後1時より、日々の生活の糧である農作物・農業を称える「勧農祭」の祭事が執り行われ、その後即売会を実施致します。
トマトや茄子、胡瓜などの瑞々しい夏野菜をはじめ、保存のできる玉葱やジャガイモ、南瓜など、たくさんの一乗寺産の野菜が販売されます。
どれも採れたて新鮮で、価格も大変お買い得です!
当日は、どなたでもご購入頂けますので、是非八大神社までお越し下さい。
この「野菜の即売会」の売上金は、八大神社氏子会の運営資金として活用されます。

「野菜の即売会」
日時:6月16日(日)午後1時過ぎより
場所:八大神社境内
※野菜が無くなり次第、即売会は終了となります

・雨天の場合も開催致します
・お車の境内への乗り入れも可能です