令和元年「八朔祭・鉄扇音頭奉納」ご案内

hassakusai_annai_r108.jpg

8月31日に八朔祭(お千度)並びに鉄扇音頭踊り奉納が執り行われます。

祭事:八朔祭(お千度)・鉄扇音頭踊り奉納
日時:8月31日(土)午後8時~
場所:八大神社 御本殿並びに境内


午後8時より御本殿にて八朔(はっさく)祭で執り行われ、宮司祝詞奏上に続き参列者が御本殿の周りを三周歩いて廻る「お千度(せんど)」を行います。その後直会をはさみ、午後8時半頃より境内にて鉄扇(てっせん)音頭踊りの奉納が一乗寺郷土芸能保存会の皆さんにより行われます。
鉄扇音頭とは京都洛北地域一帯に残る江戸中期が起源の歴史のある盆踊りであり、一乗寺鉄扇音頭踊りは京都市無形文化財にも指定されています。
どなたもご自由にご見学いただけ、またお千度の神事には参加もいただけますので、是非ご参集下さいませ。

令和元年8月7日 夏越大祓

午後7時半より、夏越大祓(なごしおおはらい)の神事が斎行されました。この神事は当社で年二回執り行う大祓(おおはらい)神事の一つであり、日々の生活の中で「枯れてきた気」=「けがれ」を元に戻し、知らぬ間に「犯してしまった過ち」=「罪」を祓い、清浄な身体に充実した気を満ち溢れさせ、清々しく過ごせるよう皆様から奉納された人形(ひとがた)を焼き上げます。


nagoshi_r10807_01.JPG nagoshi_r10807_02.JPG
御本殿での祭典に続き、境内の斎庭(ゆにわ)に場所を移し、大祓神事が執り行われます。


nagoshi_r10807_03.JPG nagoshi_r10807_04.JPG
大祓詞(おおはらいことば)奏上の後、宮座、氏子役員、一般の参列の方々が順番にお祓いを受けます。


nagoshi_r10807_05.JPG nagoshi_r10807_06.JPG
一乗寺地区にお住まいの氏子の皆さんと神社社頭でお申し込みになられた方から奉納された、名前と年令を記し息を吹きかけ身体を撫でられた「人形(ひとがた)」の焼き上げが宮座座員によって行われ、滞りなく神事が納められました。
次回は、2月3日に節分大祓神事が斎行されます。

令和元年「野菜即売会」ご案内

sokubaikai_annai_R10602_02.jpg sokubaikai_annai_R10602_01.jpg

6月16日(日)午後1時過ぎより、一乗寺農業会の皆さんに持ち寄っていただいた野菜を販売する、「野菜の即売会」を、八大神社境内にて行います。例年は7月13日に行っておりましたが、本年はお野菜をより多く持ち寄っていただける時期にあわせ、6月16日に開催する事になりました。
当日は、午後1時より、日々の生活の糧である農作物・農業を称える「勧農祭」の祭事が執り行われ、その後即売会を実施致します。
トマトや茄子、胡瓜などの瑞々しい夏野菜をはじめ、保存のできる玉葱やジャガイモ、南瓜など、たくさんの一乗寺産の野菜が販売されます。
どれも採れたて新鮮で、価格も大変お買い得です!
当日は、どなたでもご購入頂けますので、是非八大神社までお越し下さい。
この「野菜の即売会」の売上金は、八大神社氏子会の運営資金として活用されます。

「野菜の即売会」
日時:6月16日(日)午後1時過ぎより
場所:八大神社境内
※野菜が無くなり次第、即売会は終了となります

・雨天の場合も開催致します
・お車の境内への乗り入れも可能です

令和元年6月「彩り御朱印 夏」頒布のご案内

irodori_goshuin_r106.jpg

涼しげな水色の和紙に、七月の湯立神事、八月の鉄扇踊りの様子が描かれた季節限定の紙の御朱印の頒布(授与)を始めました。

「彩り御朱印 夏」頒布について
・期間:令和元年6月から8月末まで
 ※奉製枚数に限りがある為、期間中でも頒布終了となる可能性があります事をご了承願います。
・初穂料:300円
・予め水色の和紙に墨書き、押印した紙の御朱印(書置き御朱印)となります。

湯立神事
7月初旬(第1日曜日もしくは土曜日)に斎行される神事。
早苗の順調な成育を祈願する「早苗振祭(さなぶりさい)」の祭典が御本殿に於いて執り行われた後、巫女による神楽(かぐら)奉納と湯立神事が拝殿及び境内で行われる。
鉄釜で沸かされた熱湯に、米、御神酒、塩を奉じ、御幣で混ぜ、笹の葉を浸し、釜の湯を空高く散らしながら振りかける。
古代の盟神探湯(くがたち・神明裁判)を由来とする、神々の託宣(たくせん)を得る為に行われる神事である。八大神社では、夏と秋(10月初旬)に湯立神事・神楽が行われる。
湯立神事の様子

鉄扇音頭・踊り
8月31日夜、「八朔祭」斎行後に奉納される郷土伝統芸能。
八朔祭は、八朔(旧暦8月1日)と二百十日に近い8月31日に、五穀豊穣と天災除けを祈願する祭事であり、参列者が御本殿のまわりを三周する「お千度」も執り行われる。
鉄扇音頭・踊りは、音頭取りのゆっくりとした唄に合わせ、踊り子がゆったりと踊る、江戸時代中期起源と云われる昔ながらの盆踊りである。
現在、一乗寺の鉄扇音頭・踊りは、京都市無形民俗文化財に指定され、一乗寺郷土芸能保存会より継承活動が行われている。
鉄扇音頭・踊りの様子

令和元年5月「令和一乗寺ぶんかさい」開催ご案内

一乗寺ぶんかさい_ポスター.jpg

ご案内が遅れましたが、5月19(日)八大神社を会場に「令和一乗寺ぶんかさい」という催しを行います!
新しい御代をお祝いするとともに、一乗寺地域の魅力を内外の皆様に知っていただく事を目的に、実行委員会を立ち上げて初開催する事となりました。
多くの皆様のご来場をお待ちしております。


リーフレットPDF→こちら

公式インスタグラム→こちら


<開催概要>
日時:
令和元年5月19日(日)正午〜午後17時00分

会場:
八大神社境内

入場・観覧無料

出演:(プログラム順)
☆修学院児童館の太鼓クラブさんの開幕和太鼓
☆合気道カラダ塾さんの演武
☆茂山千五郎家 茂山宗彦さん 鈴木実さん お二人による「狂言鑑賞とワークショップ」
☆クラウン*アルミさんの「バルーンアートショー」
☆レジェンドダンサーKYONさんチームのパフォーマンス

出店:
★一乗寺産とれたて野菜販売
★亀屋光洋さん和菓子
★京茶園さんお飲み物
★フラウピルツさんドイツ菓子
★有卦屋(うけや)さんの軽食・生ビール
★京都造形大学学生さんの似顔絵・フェイスペイント・ワークショップ
★スーパーボールすくい・ヨーヨーつり
など

その他:
○雨天の場合も開催致します。
○お車でのご来場はご遠慮ください。駐輪場にも限りがありますので、近隣の方はなるべく徒歩でお越しいただき、遠方の方は公共交通機関をご利用ください。



おでかけスタンプ.jpg

<おでかけスタンプ>
「令和一乗寺ぶんかさい」開催にあわせて、リーフレット記載の一乗寺各店舗でお買い物やお食事をされた方がお店でスタンプ受けていただき、催し当日スタンプ1つにつき抽選券を1枚貰い抽選会に参加いただける企画を行います。

おでかけスタンプ期間:
5月13日(月)〜19日(日)抽選会まで

おでかけスタンプ抽選会日時:
5月19日(日)ぶんかさい当日 午後4時より

店舗:
リーフレット記載の一乗寺の20店舗

賞品:
「一乗寺乃り英さんの豪華お食事券」
「一乗寺中谷のペア☆スイーツ食べ放題券」
「亀屋光洋のスペシャルどら焼き」
「パンのちはれさんのパン盛りだくさん詰め合わせ」
などなど

抽選券:
ぶんかさい当日、スタンプを押したリーフレットを窓口のスタッフ見せて、スタンプの数だけ抽選券をもらい、氏名・住所を記入して抽選箱に入れてください。

リーフレット配布:
八大神社、スタンプ協賛の20店舗、叡山電鉄「出町柳駅」「修学院駅」などでお受けいただけます。



お問い合わせ:
八大神社 075-781-9076

平成31年度「氏子祭・宵宮祭・宵々宮ミニコンサート」ご案内

本年も5月4日(土・祝)夜に「宵宮祭」、5月5日(日・祝)日中に「氏子祭(神幸祭)」が盛大に執り行われます!


shimoichi_yomiya_annai_h3104_01.JPG kamiichi_yomiya_annnai_h3104_01.jpg
●宵宮祭−5月4日−
下一乗寺地区は午後6時半に、上一乗寺地区は午後8時に、それぞれ八大神社境内に集合します。
本殿にて宵宮祭の神事の後、神輿へ御神体を移し、御神輿の巡行が執り行われます。
宵宮祭の巡行経路は、以下の巡行経路図でご確認ください。
下一祭礼巡行図.pdf
上一乗寺_宵宮5月4日巡行図.pdf


kamiichi_taisai_annai_h3104_01.JPG kamiichi_taisai_annai_h3104_02.jpg
●上一乗寺−5月5日氏子祭−
午後0時半より八大神社御本殿にて奉幣式が執り行われ、奉幣太鼓・鉦の奉納が行われます。
そのあと、午後1時頃より、剣鉾、踊り児・稚児、子供神輿、大人神輿の順番に出発し、巡行が開始されます。
巡行経路とおよその時間は、以下の巡行経路図でご確認ください。
上一乗寺_5月5日巡行図.pdf


shimoichi_taisai_annai_h3104_01.JPG shimoichi_taisai_annai_h3104_02.JPG
●下一乗寺−5月5日氏子祭−
御旅所である地蔵本公園での午前8時半からの神幸祭神事の後、各巡行が執り行われ、御旅所での還幸祭を経て、午後2時半頃に八大神社に遷御します。
御神輿の巡行経路とおよその時間は、以下の巡行経路図でご確認ください。
下一祭礼巡行図.pdf


jyuutaku_taisai_annai_h3104_01.JPG jyuutaku_taisai_annai_h3104_02.JPG
●一乗寺住宅自治会−5月5日氏子祭−
柊社(比良木社)での午前9時半頃からの神事の後、各巡行が執り行われ、午後3時頃に八大神社に遷御します。
御神輿の巡行経路とおよその時間は、以下の巡行経路図でご確認ください。
住宅自治会祭礼巡行図.pdf



minikonsato_h3104_01.jpg
●本年も5月3日の夜に宵々宮ミニコンサートを神社境内で開催します(入場無料)
5月5日の氏子祭(神幸祭)の宵々宮にあたる5月3日の夜に、祭礼を盛り上げるミニコンサートを今年も開催します。
大祭を控えた鎮守の杜の境内で、御神輿の灯りの中、洗練された歌声が夜空に響きます。
併せて、八大神社宮座の下座座員による奉幣太鼓・鉦(ほうへいたいこ・かね)も披露されます。
どなたでもご自由にご覧頂けますので、お誘い合わせの上、是非お越し下さい。
※強雨の場合、中止となります


開催日時:
 5月3日(金・祝) 午後7時開演(午後8時前に終演予定)
出演:
 文太郎(歌手)、宮座下座座員(奉幣太鼓・鉦)
場所:
 八大神社境内
入場無料!どなたでもご鑑賞いただけます!


平成31年4月「彩り御朱印 春」頒布のご案内

irodorigoshuin_haru1.jpg

春らしい桃色の和紙に、四月の神弓祭、五月大祭のサンヨレ踊子が描かれた季節限定の紙の御朱印の頒布(授与)を始めました。

「彩り御朱印 春」頒布について
・期間:平成31年4月から5月末まで
 ※奉製枚数に限りがある為、期間中でも頒布終了となる可能性があります事をご了承願います。
・初穂料:300円
・予め桃色の和紙に墨書き、押印した紙の御朱印(書置き御朱印)となります。

神弓祭(しんきゅうさい)
毎年4月の第1日曜日に執り行われる祭事。
一般に歩射祭(ふしゃさい)とも言われる神事であり、古来より伝わる弓矢の神聖で霊的威力により、邪気を祓い、また農作物の吉凶を占う目的で、執り行われたきました。
古来からの神事奉仕団体である宮座(上座・下座座員で構成)の、昨年度と今年度に上座となった者の2名が奉仕し、古式作法に則った弓執り神事が行われます。
神弓祭の様子

サンヨレ踊り子
5月5日の大祭(氏子祭)の神幸列に参加する男子。
五色の紙で作られた踊子ホウキを持ち、お揃いの着物の小学校1年生の男の子がその任を務めます。
行列で太鼓と鉦が奏される中「サンヨレ、サンヨレ」という囃子言葉を掛けながら元気に楽しく子供達が進みます。
「サンヨレ」とは、祝福を意味するともに、「サアヤレ、サアヤレ」と催促しお祭りをあおりたてる言葉であるともいわれます。
上賀茂神社の「さんやれ祭」の他、京都洛北地域の修学院、上高野、大原などにも、類する祭事が見る事できます。
5月5日大祭(氏子祭)の様子


平成31年「神弓祭」ご案内

h3104shinkyusai_annai.JPG

4月の第一日曜日に神弓祭(しんきゅうさい)が執り行われます。

祭事:神弓祭
日時:4月7日(日)午後2時〜
場所:八大神社 御本殿並び境内


当神社の神弓祭は、一般に歩射祭(ふしゃさい)とも言われる神事であり、古来より伝わる弓矢の神聖で霊的威力により、邪気を祓い、また農作物の吉凶を占う目的で、弓矢を射る神事が行われております。
御本殿での祭典に続き、境内にて宮座座員による古式作法に則った弓執り神事が行われます。
そして神事の最後に、宮座の最高責任者である督殿(こどの)の交代の儀式である、御神扉の「鍵渡し」が執り行われます。

神事の後方からの観覧となりますが、どなたでもご自由にご見学いただけますので、是非ご来社くださいませ。



平成31年「御日待祭」ご案内

ohimachisai_goannai_h31.JPG

1月14日に御日待祭(おひまちさい)が執り行われます。

祭事:御日待祭(お千度)
日時:1月14日(月・祝)午後7時30分~
場所:八大神社 御本殿並びに境内
祭事斎行後、おぜんざい接待(無料)

お日待祭とは小正月(1月15日)をお迎えするお祝いの祭事で、参列者が御本殿の周りを三周歩く「お千度」が行われます。どなたでもご参列いただけ、祭事の後、「おぜんざい」がふるまわれます。
是非午後7時半からのお千度の祭事に参加いただき、その後、一乗寺産の餅米を使い、神社でついた御餅の入った温かいおぜんざいをお受けください。
尚、おぜんざい接待は無くなり次第終了となりますのでご了承願います。

平成31年 初詣ご案内

hatumoude_H31.jpg

大晦日(12月31日)
・年越しから終夜 社務所にて、御神矢、干支縁起物、御守、おみくじ等をお受けいただけます。
※午前1時頃から午前7時頃の間、ご朱印は書き置きのものの授与となります事をご了承願います。

元日(1月1日)
・社務所は午後5時半まで 開いております。
・午前9時頃より、御神酒と暖かい甘酒をご参拝頂いた皆様に授与致します(無料)。どなたでもご自由にお飲み頂けますので、是非接待所にお立ち寄りください。※無くなり次第終了致します。
・午前9時半より青陽会の皆さんによる奉納謡(うたい)が、神社拝殿にて執り行われます。お正月らしいおめでたい謡をご鑑賞いただけます。
・元日は朝から夕方まで、鳥居より先の境内に車の乗り入れが出来ません。鳥居の東側の駐車場をご利用ください(元日は無料でご利用頂けます)。
・お正月期間もご朱印は社務所にて対応致しますが、状況により長い時間お待ちいただく可能性がございます事をご了承願います。

1月2日以降
・厄除祈願(厄年祓い)は、1月1日午後以降随時受付けております。厄除御祈祷の詳細(平成31年厄年一覧、初穂料等)につきましては、こちら(厄除祈願ご案内)をご確認願います。
・新年団体ご祈祷についても、1月1日午後以降随時受付けております。新年の会社・法人・団体でのご祈祷の詳細(御下がり、初穂料等)につきましては、こちら(新年団体ご祈祷ご案内)をご確認願います。
・個人の新年ご祈祷、家内安全等のご祈祷につきましても、随時受付けております。
・各ご祈祷は社務所までご予約をお願い致します(お電話:075-781-9076)。
・境内までお車の乗り入れが可能です。
・社務所は、午前9時から午後5時まで開いております。